ドンホイの風俗 置屋の場所を見つけて女の子の若さ溢れる体を堪能しました

どうも!世界の風俗ライターのMAN-NARAKENです。

ベトナム中部の街ドンホイに行ってきました。
風俗に関する事前情報は殆ど無い地域ですが、私の放蕩(ほうとう)センサーがビンビン反応するので、あてもなく、ぷらーっと突撃してきました。

ドンホイは観光地として目覚ましく発展している街です

車で1時間ほどの距離に世界遺産にも登録された世界最長の鍾乳洞があり、この街を拠点として活動する観光客が多く滞在しています。

興味のある方は、日中に鍾乳洞ツアーをするのもおすすめです。1日ツアーで50米ドルほどでした。

また、ベトナム戦争時代は北ベトナム軍の最前線地域。ベトナム戦争の傷跡として残るモニュメントを見ることもできます。

ドンホイへの行き方は空路・陸路があります。

空路

  • ハノイからの飛行機もある
  • ホーチミンからの飛行機もある
  • 料金に差はなく、約140万ドン

ドンホイへは空路はハノイまたはホーチミンからのルートがあります。

空路の往復運賃は、LCC利用で約140万ドン。ドンホイはベトナムの中部ですので、ハノイ、ホーチミンどちらから乗っても料金に差はありません。

陸路

  • ベトナム鉄道がおすすめです。
  • ハノイからドンホイまでの区間を1等寝台で利用すると約80万ドンくらい

バスと鉄道を利用する方法があります。バスの方が早く運賃も安いのですが、乗り換えが面倒です。そこでベトナム鉄道を利用しましょう。

予約状況によってハノイ-ドンホイの1等寝台で80万ドン±10万ドンくらいは変動すると思います。

時間が十分にある私はベトナム鉄道を利用しましたが、時間がない方や時短をしたい方は、迷わず空路ですね。ちなみに、ベトナム鉄道、1時間程度の遅れは当たり前ですので、十分、時間の余裕を持ってご乗車ください。

カラオケばかり目に付きますが・・・置屋はあります。

ドンホイの風俗は探すのが難しいです。

付近は民家ですし、ネオン輝くカラオケ店が何店かあるだけで、一見すると置屋は無いと勘違いすると思います。

しかし、頑張って探せばあるもので、ニャギに常駐するスタイルの置屋が7~8件ほど集中して営業しています。

ドンホイの置屋の場所(MAP)

ドンホイ駅からタクシーで10分くらい。タクシー代は、片道5万ドンくらいのニャットレ川方面・市庁舎の裏手に置屋があります。

ここにニャギ(民宿)スタイルの置屋が7~8件ほど。女の子は置屋の奥に常駐しています。
②は、場外嬢の待機場です。ニャギに常駐が出来ないような若い子も何名か散見できます。
この場外嬢の待機エリアには「明かり」も「目印」もないので、よほど慣れた人ではないと見付けられないかもしれません。

なお、②の反対側にも何名か居るときがあります。嬢が集まるのは20時以降のようです。

ドンホイの置屋の遊び代

  • ニャギ常駐の嬢は30万ドンが相場
  • 場外嬢はホテル代込みで50万ドンが相場

ドーソンと比べると割高な感じもします。
ドンホイは観光目的で来て、夜の暇な時間に遊びたい人向けのエリアです。

ドンホイの置屋の遊び方

  • 遊び方は2種類
  • 常駐置屋
  • 場外

常駐置屋

ニャギに常駐している嬢を選んで、上の階へ移動し、女体を楽しむスタイルです。ニャギで選べなくても、ニャギの関係者と交渉すれば1~3名の女の子がどこからともなく現れます。

場外

場外は、その場所にいる子を選び、指定するニャギに行って女体を楽しむスタイルです。

カラオケ店にも派遣されているようで週末は待機している女の子が少なくなる時があるようです。観光地なためか、ベトナムのニャギとしては比較的清潔な感じのニャギでした。

ドンホイの置屋での風俗体験談

さてさて、ドンホイは置屋の場所さえ分かれば、夜遊びは簡単です。
日によって、ニャギ嬢、ニャギ呼び出し嬢、場外嬢の入れ替わりがあり、何日か滞在すれば、思わぬ上物に出会えることがあるかもしれません。

私は場外に待機する嬢の中に西野カナを若くした感じの好みの子を発見。
料金を聞いてみると50万ドンとのこと。ちょっと高いかな?っと思いつつも、股間はビンビン。

迷っている暇はないので、指定するニャギに移動・対戦の準備に入ります。
まず、軽くシャワーを浴びます。シャワーのせいでメイクが落ちて、背伸びしていた娘もまだ子供っぽい顔だとわかります。

おまけに、シャワーの後の女の子の張りのある肌を感じまして、堪え性の無い私は、見ただけであそこがビンビン。全く待てない感じですが、何とかお互いの準備が終わるまではやる気持ちを抑え込みます。もう、心臓はバクバクです。薬のせいかな?

さて、バスタオルに身を包む女の子がそのままベッドに来て行為に移行っと思いきや、手元スイッチで電気をスパッと消されます。

これではせっかくのぷりっぷりパイオツやビーチクも見えず、楽しみも半減です。

「タンディ」とか連呼して、何とかバスルームの明かりぐらいは点けさせます。
やぱり、少しでも目で楽しめる環境を作り出さないと楽しくないですからね。

そして、小振りなパイオツでかわいいビーチクをいたずらさせてもらいます。
やっぱり若い女体は良いですね。張りのあるパイオツが最高です。

十分に体を楽しませてもらったら、本番へ。こういう所で遊んでいる子は緩いという先入観からあまり期待はしていませんでしたが、期待以上のキツさ。

まだ20代の可愛さも加わり、すぐに私の息子はハンパない子種を吐き出して、昇天してしまいました。やっぱり、若いっていいですねぇ。

ドンホイの街と風俗情報をまとめます

若い女に満足した私でしたが、ではドンホイはどういう街なのかまとめたいと思います。

ずばり、この街はあくまでも観光メインのエリアです。
ドンホイの置屋は規模も大きくありませんので、観光も出来て、ベトナムのおねーちゃんとも遊んで帰ることの出来る街と考えた方がいいでしょう。

家族で観光に来て、昼間は家族サービス。おとーさんは夜抜け出して、尾根遺産遊びの出来る一石二鳥な場所と考えれば、かなり楽しめる街であることは間違えありません。

ドンホイへお立ち寄りの際は、参考にしてください。良い出会いがあることを祈ります!

この記事を書いた人

MAN-NARAKEN
MAN-NARAKEN
関西在住のエリートアフィリエイター

おっさんの風俗友達であるMAN-NARAKEN
共通の友人である「未改宗マン」が結婚してしまったので、どうやって引き込もうか思案している。

アリスソフトのMIN-NARAKENとは全く関係がない。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする