世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

「置屋」の記事一覧

おっさんが最も好む風俗形態。古典的かつリーズナブルで、その多くはピンク色のネオンで彩られています。
マッサージなんていらへん!綺麗な個室なんていらへん!、化粧で誤魔化された女なんかいらへん!、コンチアの手引きなんていらへん!

おっさんです、こんばんわ。 上海の風俗編-2017年春-スタートです! 中国国際航空を使って名古屋から上海へいってきました。たった12,930円円で往復できます。うーん、やはり近いっていいですね。 今回の旅行は中国人の友 …

おっさんです、こんばんわ。 2017年ネパール旅行記の続きです。 ポカラは沈没には最高の町 ポカラについてから数日、おっさんはダラダラ飯を食ってはホテルで寝るという毎日でした。 というのも、ポカラはちいさな街ですが世界各 …

こんにちは!ライターのAndrewです。 プエルトガレラ第三弾です。 置屋を語らずとして、世界の風俗の醍醐味は達成できません。 嬢と別れた後、私は置屋探しをすることにしました。島にはレンタルバイク(一日300‐400ペソ …

おっさんです、こんばんわ。 おっさんにはジャカルタの風俗地帯で何年も前から行ってみたいと思っていた場所がありました。 それは、ジャカルタ新聞に載っていた売春街「ボンカラン」である。 引用先:じゃかるた新聞(httpwww …

おっさんです、こんばんわ。 今回からはジャカルタの最新情報を紹介をします。 先日、読者のやまだ様より以下のコメントを貰いました。 「******************情報です。****************に急場で作 …

おっさんです、こんばんわ。 今回はマンション置屋のお話です。 ロシアの風俗では有名です。 マンションの一室に女がいて、そこに男が向かうスタイルの風俗形態です。 マンション置屋にたどり着くには以下の方法があります。 ①新聞 …

おっさんです、こんばんわ。 次の日。 結局プリモリエホテルの女は3つのホテルを周っており、その3つのホテルに泊まっている宿泊客目当てで電話がかかってくるというシステムであった。 外国人にとってはここにいけばとりあえずロシ …

おっさんです、こんばんわ。 2016年ロシアの旅のつづきです。 プリモーリエホテルに到着したおっさん達一向。 ウラジオストクと言ったら、プリモリエホテル。そう言い切っても良いくらい有名なホテルです。 3つ星ホテルですが、 …

おっさんです、こんばんわ 2016年春、インドネシア旅行の続きです。 先日の記事にありましたカリジョド亡きあと、ジャカルタではNNしたい病のエロツーリストは満足できるレベルのお店はどこだと悩むようになりました。 ゴム着用 …

おっさんです、こんばんわ。 2016年春のインドネシア編の続きです。 2016年の春ごろ、噂でジャカルタの人気SPAであるマリオボロスパ(Malioboro SPA)に女の子がいないだとか、閉鎖中だとか聞いていました。 …

  おっさんです、こんばんわ。   ジョグジャカルタからジャカルタへ移動してきたおっさん達。     カリジョドがなくなって、公園になりつつあるという情報を聞きつけたため、カリジョ …

  おっさんです。こんばんわ。 2016年春のインドネシア旅行。 バンドンの置屋編のつづきです。   ホテルからバンドンの置屋街まで向かいました。 トコトコ、てくてく歩くこと10分。 おっさんお宿泊す …

  おっさんです、こんばんわ。 パランクスモがしょぼかったので、おっさん達は明日はさっさと移動しようと心に決めました。   そして翌朝・・・・ 今日のチケットでジョグジャカルタからバンドンへ移動するこ …

おっさんです、こんばんわ。   モンラーからタイ、タイからラオス、そして中国へと移動し、なんとか仲間と合流したおっさんです。   3月ごろの中国南部は寒く、また旧正月明けでもあったので女の子も少なく猛 …

おっさんです、こんばんわ。   辛抱たまらなくなったおっさんは、モンラーにあるマーケット沿いの置屋へ向かいました。 飯屋を出てマーケット中心地を通り、南門へと歩いていきます。   モンラーの置屋の場所 …

おっさんです、こんばんわ。 タチレクからモンラーに行く準備が整ったと通訳から連絡がありました。 ついにおっさんはあの地に向かうことになります。 すべては通訳任せ。パスポートと交通費などを渡し、後は連れて行ってもらうだけで …

おっさんです。 2016年3月、北ラオスの旅はムアンシンで終了。 ムアンシンから次の目的地に向かいます。   仲間とおっさんは二手に分かれます。おっさんと仲間Aさん、仲間BさんCさんの2人組で2グループです。 …

おっさんです、こんばんわ。 2016年ラオス北部の旅の続きです。   次の日の朝を迎えました。   おっさんは行きたくないというのに、仲間達が「せっかくムアンシンまで来たんだから、朝市(モーニングマー …