世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

こんにちはAndrewです。

今回は1年ぶりのリベンジを果たすため、情報収集に向かいました。

下記の記事の続きとなります。

プノンペンのエロマッサージに行って、さらに立ちんぼに挑む

 

カンボジアというと、私は一切やりませんがドラッグツーリストが有名です。

現在「国家単位」としては東南アジアで唯一、薬物愛好家にはドラッグアンドセックスに緩くて耽溺できる場所ですねw廃人になるのでやめた方がいいと思いますけど…

 

プノンペン全盛期は私が高校生ぐらい時の話になってしまいます。カンボジアのベテランの方々にとっては「桃源郷」とも「幻の国」とも標榜される彼の地。2004年に閉鎖された、スワイパー村では何百人もの残忍にもベトナムから連れてこられた児童売春宿が密集していたのは皆様もお見知りおきのところでしょうか。

スワイパー村がなき今、プノンペンでやれる場所、コスパの高い女について色々と調査してきましたよ。

 

今回たまたま紹介する1年ぶりのマッサージパーラーですが、ここだけに限らず、多種多様なエロスポットがあります。それはバーであったり・ディスコから始まり、置屋や立ちんぼも充実しています。そのためにも移動が面倒にならないよう、バイクレンタルがお勧めですね。バイクタクシーに興味もないババア置屋に連れてかれる心配もないですし。

 

名前はバイクに乗って周回しているうちに見つけたプノンペンの南部にある「Soul Entertainment Complex」というエロ施設の最上階のマッサージパーラーです。魂のマッサージってなんなんでしょうか?気になります。命名者が適当につけたのでしょうが、精魂こもったサービスが得られるのでしょうかw カラオケについては行ってないのでわかりませんが、クメール語しか話せない連中だと間が持ちませんからね。

 

*5階のマッサージ階に行くためのエレベーターです。ちょっと古びています。

 

今回レポートするSoul Entertainment Complexですが、建前上は健全マッサージです。でも心置きなく個室で交渉してもちろん本番ができます。マッサージオンリーなら去年と変わらず、長い間7ドル据え置きのようです。あくまでこれはエントランスフィーとして取られるものと思って差し支えありません。大き目のホテルのような建物の一番上に存在します。

*入場料・マッサージ料の会計のババアです。

 

嬢を選ぶのにひな壇からめぼしいエロ女を探します。狭い部屋にタコ部屋のように詰め込まれていますね。その中で満面の笑みで視線を送って来る美女がいたので、その娘に決めました。これはどこの国も同じですが、容姿にこだわると塩スパン嬢にあたる可能性が高いです。でも、選んだ手前、もう引き返すことはできません。

全体的にみると10代後半から~20代前半後半が30-40人いて選択肢が、カンボジア人、ベトナム人と量は豊富ですので一人くらいは選べるのではないかと思います。誰に中出しをするのか吟味しているうちに興奮してきます。

*ひな壇の小ささの割に女は一杯いますね。

 

選ばれてご対面した瞬間、凍てつくような冷たさで、さっさと一仕事終わらせたいのかさっさと個室に入っていってしまいました。自己紹介がてら挨拶をすると、ベトナム・カンボジアのハーフのCさん18歳ということです。

*決めたら決めたでさっさとやり部屋に入ってしまいました。

 

この手のマッサージパーラーはキワドイところを狙ってマッサージしてからスペシャルに移行するのが通常なのですが、入ったらすぐ何もせずにセックス(ブンブン)しようと誘ってきます。

ビジネスライクを通り越して、とてもかなCです。

たまにこういうスレた地雷は散見しますが、私も18歳のガキ相手に負けるわけにはいかないので、

「マッサージをまずしてくれ」と頼んで様子をみました。乳首舐めと手コキで私の如意棒ぐんぐん硬くなっていきます

*部屋の写真ですね、普通のホテルの一室ぐらいの広さはあります。

 

ニャムニャム(フェラ)とブンブン(セックス)をちゃんとするから、50ドル!とかなり強気の営業スタイルです。値段は個室にて交渉なのでこちらが「30ドルでいいか?」と言うと、なかなか引き下がってくれません。なんとかしつこく食い下がった結果、最終的には10ドル安の40ドルで決めました。プノンペンのこの手のマッサージ店はかなり吹っ掛けてきますので、値段は35-40ドルぐらいが妥協点だと思います。最初から100ドルを要求する女は50ドルでいいと思います。あまりにダンピングするとサービスの質もおざなりになってしまいますからね。また、どういう基準で値段が付けられているのは謎です。

 

引き続き、手コキと乳首舐めに負けて、もとからセックスをするつもりだったので、

上記の値段交渉を終えるとプレイが始まります。

 

フェラをしろと言ってもする気配がないので(早く挿入して終わりたいようです。)

ゴムを付けてフェラをお願いしました。その後、本番ですがこれもすぐに終わってしまいました。美人なのでもし性格的にスレてなかったら大満足だったのですがね。

 

もちろん今回は交渉の埒があかなそうなので、ゴムを外すことなくフィニッシュに。

ちょっとだけ不完全燃焼な40分となりました。

 

クソーいつしか、この女にバッチリ中出しして孕ませてやろうと誓ったのでしたw

それでもこの値段で個人的には満足できました、何より好みのルックスで色白、胸はDカップぐらいありましたし。ゴムフェラが数分、キスなし、胸も舐めるのを禁止とかなりガードが硬かったったです。

ちょうどプノンペンに到着直後の一戦でしたので、まあよしとしましょう。

よく言えばシャイな感じの性格で、特段悪い女ではなかったと思います。

 

顔だけではなく体はスリムで綺麗です。喘ぎ声がなかったので、ちょっとあった方がより興奮していい感じですが、それはなく。いつもなら着衣画像ならほとんど撮れるのですが、拒否をされてしまい、皆様と共有できなくてすみません。他の写真等はなんとか確保しましたが。

 

ここのマッサージパーラーは要監視地帯なので、是非とも毎回プノンペンに行った際に立ち寄りたいところです。

 

東南アジア通でも昨今のプノンペンは情報が一部のマニアしか流れていないので、皆様もぜひ行っていろいろ見てきてくださいね。

 

↓↓クリックで救われる命があります(おっさんの命)↓↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

この記事を書いた人

Andrew
Andrew ライター筆頭

コメント

  1. おっさん、こんにちは!
    少しカンに触る言い回し、まるで官僚みたいなライター。
    スワイパーの何を知って残忍なのでしょう!行った事があるのかな?
    言ってる事とやってる事がおかしい。

    おっさんのブログは、おっさんじゃなけりゃあダメだよ!官僚みたいな、若者に書かせてわ。

    初老男性より

    • ossann

      おっさんはスワイパー行ったことありません。
      あそこに行った人たちはすごい猛者&ロリコンのイメージです。

  2. スワイパー経験者

    ossannさんはじめまして。

    かつてスワイパー村へ行ったことのある者です。
    やはりロリコンというイメージがつくのでしょうか
    私は何日か村の茶店で定点観測した感想ですが、あまり炉目当ての日本人には出会いませんでしたよ。
    中国人は団体で貸し切りバスで来てましたので炉目当てだったのでしょうか
    当時のプノンペンは昼間開いている風俗が少なく、スワイパー村の茶店で日本人同士で情報交換しながら気が向いたら置屋に入る、という行動パターンの人が多かったように思います。
    置屋にいるのも見かけは高校生くらい、でも年を聞いたら思っていたより上でした。
    理由は栄養不足により日本人と比べて実年齢より身体が小さく見えると茶店で教わりました。
    もっとも、私は毎日夕方には引き上げていましたので真のロリコンは夜に来ていたのかもしれません。
    ちなみに私が行った当時スワイパーで高い店で5ドル、安い店で10000リエル、ゴムあり、なしでも遊べましたがAIDSが怖くて挑戦せず。
    夜はプノンペン市内の置屋でショート5ドルで遊んでました。
    武装強盗が怖く(夜銃声が聞こえたりした)セキュリティが厳しいホテルに宿泊していたため宿に連れ込みはせず。

    長文失礼しました。

    • ossann

      スワイパー=ロリコンのイメージしかないです。
      ベテランの人でスワイパーに行った事のある人は、私が聞く範囲では
      みんなロリコン属性がありましたね。
      どんな場所だったのは私にはわかりませんが、せめて写真とかで見てみたいもんです。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)