パクセーの風俗 夜遊びするならホテル置屋​がメインです。

どうも!世界の風俗ライターの小太郎です。​
今回はラオスのパクセーに行ってきました。​
風俗情報も少なく謎の街でしたので色々苦労しながら探検、遊んできました。​

ラオスのほかの地域と違い、少し独特な遊び方になっています。​
ルアンパバーンもそうですが、世界遺産など観光に力を入れているせいか、​風俗店はかなりコソコソと目立たないように営業しているようです。​

ラオスといえば「ハンノイ」という食堂置屋が多いですが、​パクセーには食堂置屋はありませんでした。

あるのは

  • ホテル(ゲストハウス)置屋
  • カラオケ(KTV)

でした。​

​ホテル(ゲストハウス)置屋とは

その名のとおりホテル(ゲストハウス)に併設している置屋です。​
敷地内にぼんやりとピンクのネオンがあり、女の子が座って待機しているのでなんとなくわかります。​

でも敷地の奥のほうだったり積極的な営業はしてこないのでガンガン入っていくしかありません。​

パクセーの風俗(置屋とカラオケ)の場所はどこ?​

パクセーのホテル置屋の場所は少し不便なところに点在していました。ホテル自体が普通の宿泊用というより置屋兼ラブホテル的な使い方のようです。​

街自体はさほど広くないですが、置屋はポツポツと点在し、探し出すのはなかなか大変でした。​​

カラオケも1店舗だけありました。こちらは店構えが派手なので、夜になればすぐに分かります。

パクセーの遊び場所の探し方​

パクセーの街は広くないとはいえ、風俗スポットを探し出すにはバイクは必須となります。​レンタルバイクは市内に多くあり、料金は1日7万KIPから8万KIP程度で借りられます。

また、初心者であれば自力で探すのはなかなか大変なのでトゥクトゥクやサムロー(3輪タクシー)に交渉して連れて行ってもらうのが良いかもしれません。(1-2人乗りのサムローが多くいました。乗合のトゥクトゥクより料金も安いので便利です。​

バイクのレンタルは簡単にできますが、国際免許を持っていないと検問などで警察に捕まった際に​罰金を取られるので注意です。とはいえ、実際に捕まることは稀なので安心してください。ヘルメットも被らなくて全然平気でした。

探し方は普段ピンクのネオンを目印に探していましたが今回はゲストハウスの電飾看板を見つけると​敷地の中を覗くようなスタイルでした。​

あとは屋台街など進んでいくと奥のほうにカラオケがあったり、観光客のいる街の中心部以外は、​夜ににぎやかなところは限られているので探しやすかったです。​

パクセーの風俗の遊び代は割高です。

  • ​ショート 1200バーツから1500バーツ
  • ロング  2400バーツから3000バーツ

ここが少し残念なところですが、ラオスにしては相場が高く、私が遊んだところでは、​ショートで1200バーツから1500バーツロングだとその約2倍で2400バーツから3000バーツでした。ラオスキープでももちろん払えます。

​観光もしたいけど夜も遊びたい人向けかもしれません。​夜遊びメインで来るべき場所ではないと思います。

パクセーの風俗の遊び方​

ホテル(ゲストハウス)置屋はもうそのまま女の子選んで併設する部屋で遊べますので、​移動も少なく大変便利です。やり部屋用の汚い部屋ではなく一応宿泊用の部屋なのできれいです。​

カラオケは受付の脇に女の子が座っていて、女の子を選んだあとに個室へ、カラオケ歌いながら、あとは交渉して連れ出しというスタイルです。

当然ラオスでカラオケといっても日本語などないですから最初から連れ出しの交渉になります(笑)​

このあたりはほとんど置屋と同じですが、カラオケの子の方がおそろいの制服(コス)を​来ていたり、小綺麗な子が多い印象でその分料金も高かったです。​

カラオケをする場合はもちろん別途個室代や飲み物代などがかかります。​

体験談​ パクセーのホテル置屋

さてさて説明はこの辺にして、​私がバイクで走り回って見つけたホテル(ゲストハウス)置屋は3軒ほど、別々の場所に点在していました。

敷地の中に怪しいネオンがあると臆せずバイクで入っていき、待機している女の子をチェック。そこまですると向こうも声をかけてきます。​

何軒か見たところで好みのかわいい子を発見したので料金を聞いてみると部屋代込みで1200バーツとのこと​。バイクをその場に置いてトライです。

どこもお客さんがどんどん出入りしている雰囲気もなくのんびりした感じ、ビール飲むかのお誘いも​ありましたが、要らないといえばそれ以上は言ってきません。​

さっそく部屋に移動します。女の子は全体的に擦れていない感じでいいです。​
最近はあれやだこれやだ電気消せみたいなことが多いので(笑)​

電気消せは言われますけどね、恥ずかしいからと、でもそこは頑張って交渉して少しでも明るい環境を​作り出し、目でも楽しませてもらいます。​

ラオスは・・・マグロ率は高いですが、嫌がらずに合わせてくれて舐め舐めしながら気分高まり本番へ移行、無事にフィニッシュ。

女の子もそれほど多い人数相手にしてないようで締まりもよく、終わったあとも急がせないので​のんびりいちゃいちゃさせてくれます。​今度はロングするねと約束して移動します。​

ホテル(ゲストハウス)置屋がパクセーのメインになるので、良い子が居たらホテルは予約しないで​約束が取れたらそこに移動して一泊するのも良いかもしれません。​

私の場合、調査でしたのでしっかり市内のホテル予約して失敗でしたね・・・。

​体験談 パクセーのカラオケ​(KTV)

さてもう一つがカラオケ。ローカル感満載の雰囲気からちょっときれいな建物、ネオンが出てきました。​

入口の受付の脇にはおそろいのコスチュームを着た女の子が待機しています。​
レベルもそこそこ高く、いい感じ。​

スタッフに連れ出しだけできるか聞くとOKとのこと、でもショートで1500バーツだと、田舎町のくせに強気だなと思いつつコスプレも期待して、一番好みの子をチョイス。​

近くのホテルに移動するから待ってろと、しばらく待っていると、あれ・・・私服に・・・​まあそうだよね、汚されると困るもんね・・・・​

ということで一緒に移動してプレイ!​接客慣れしているせいか明るくて元気な子でしたがやはり擦れていなくていい感じ。

フェラも少しでしたがお願いしたらやってくれました。​制服着て遊びたかったーと話したら笑われました。​地元民はそういう趣味無いのかな??​

パクセーは観光メインのため夜遊びは少しハードル、相場が高いですがうまく遊べれば楽しいです。​

ただタイ語かラオス語を少し分かっていないと、特に夜遊びの場所は英語もほぼ通じないので​難しいかもしれません。​

その場合は多少金額上乗せされてもトゥクトゥクやサムローに頼ってうまく使うほうが良いでしょう。​

情報が少ない街での遊び方はなかなか難しいですが、もしパクセーに来た際は検討を祈ります!

おっさん

小太郎くんのパクセー風俗体験記でした。よくぞここまで探し出しましたね。これで世界の風俗に掲載されているラオスの風俗がまた増えましたね。

この記事を書いた人

kotarou
kotarou

コメント

  1. アバター

    まさかの熊本ーラオス直行便が11月から始まるみたいだが、
    ラオス国営航空だから結構高そうなんでどうだろうか?
    LCCだと良かったんだけど、熊本みたいな田舎で大丈夫なのかなw

    返信
    • ossann

      絶対にすぐになくなるに一票です。
      ラオス国営航空ですからたぶん68000円とか取るんじゃないでしょうか?

      返信
  2. アバター
    食欲と性欲を失った漢2019年9月7日 18:18

    もちゃくちゃ高い!そしてパクセー遠い!

    もちろんノンジェントルマンスタイルですよね?

    返信
    • ossann

      実は小太郎くんはジェントルマンスタイルの使い手という、世界の風俗ではレアな能力者なのですw

      返信

コメントする