世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

 

みなさん、どうもこんにちは。

MAN-NARAKENです。おっさんの友人です。ライター兼アフィリエイト仲間としてデビューしました。以後お見知りおきを。

アジア風俗の聖地といえばバンコク? シンガポール? マカオ?
残念ながらそれらはもう古い。知られざるアジア風俗の聖地、それがジャカルタです。

今回はそんなジャカルタ風俗の最高棒に位置するアレクシス潜入時のレポートです。少し前の話しなので情報が古くなっているかもしれませんが、その辺はおっさん氏の補足説明もみてください。

さて、みなさんはインドネシアの女の子と聞けばどんなイメージを持ちますか?色黒でブッシュマンのような野性的なイメージ? それとも厳格なムスリムのイメージでしょうか?

しかし意外にも、日本人好みの可愛らしい女の子が多いのが、インドネシアなのです。

 

アレクシスSPAの場所

 

</p> <p>Jl. R. E. Martadinata No.1, RT.6/RW.4, Kota Tua, Ancol, Pademangan, Kota Jkt Utara, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 14430 インドネシア</p> <p> </p> <p>

北ジャカルタの高速道路沿いのアレクシスホテルの中にあります。高速道路を使ってジャカルタのスカルノ・ハッタ空港から市内に来る際に横切るので、ご存知の方も多いのはないでしょうか?

遊びに行く際は、ブルーバードタクシーに一言「アレクシスホテル」と言えば誰でも分かるほどの有名SPAです。

アレクシスはジャカルタ最高級店。インドネシア美女のレベルは他とは違う!

最高級店アレクシス。
やや小さめですが、中はマカオのサウナにも負けない高級さが漂っています。

エレベーターで7階に登るとアレクシスSPAこと「Bathhouse」というジャカルタ最高級のSPAが待っています。 拙者の姿を確認した美少女集団が、元気よく出迎えてくれます。

ツンという雰囲気が全くない、全員かわいい系の美少女です。ほぼ全員が背が低く幼い系、でもみんな何故か巨乳で、ドレスの上からもはちきれんばかりの生命力が溢れています。
他にタイ嬢や(なぜかケバい系が多い)、ベトナム嬢(お姉系が多い)、中国嬢、ヨーロッパ嬢がいますが、完全にインドネシア嬢達の引き立て役に甘んじています。

注意点

アレクシスSPAには最高級インドネシア嬢と外国美女がいるんだけど、ローカルの女と遊ぶのが鉄則だぞ。輸入外国人は一流とはいえないレベルがやってくるからだ。

 

アレクシスSPAで高級美女と王様のような時間を過ごす

豪華なソファーに腰掛けて、女の子達を物色する拙者と友人の処女オタを拗らせてムスリムに改宗しかけた男(以下、未改宗マンと呼称)と物色します。

インドネシア嬢達の雰囲気はよく、風俗にありがちな過度な営業意識や、女の子同士のライバル意識がありません。物色する拙者達に対しても、みな優しく手を振り微笑み返してくれます。

さすがは最高級店、みんなかわいいのですが、その中でもはっとするほど色白でかわいい子が隣のグループの前にいました。

(あの子が来たら、選ぼう)

そう思っていたら、隣のグループの男性が彼女を選んでしまいました。残念!
よくみると、彼も日本人のよう。なるほど、やはり日本人好みの美少女だったみたいです。

(どうするかな? せっかくだからあの子が一仕事を終えるのを待つか)

焦る必要はありません。どうせ風俗です、1~2時間もすれば戻ってきます。
アレクシスはさすがに高級店というだけあって、隣には天井が見えるプールに、アラブの王様が寝てそうな(拙僧の勝手なイメージですが)豪華なベッドがあります。

ここでなら何時間でも待てそうです。実際、インドネシア人の金持ち男が、女の子を侍らせて王様のようにくつろいでいます。

待ってから二時間、しかしいつまでたっても帰ってきません。
お店に入ったのが遅かったため、もう結構な時間になっています。

(う~ん、待っていても帰ってこないぞ・・・二番目に可愛かった女の子を選ぶかな)

そう思っていると、別の女の子が目にとまりました。まさかの第三の女出現!
最初の娘は日本人並みに色白でしたが、この子はちょっとだけ色黒ですが、シミ一つ無い透き通るような肌がそれをマイナスに感じさせません。

彼女が仮に日本に来た場合、まばゆいばかりの留学生オーラを放つのか、もしくは〝所詮は東南アジア女〟というカテゴリーに埋もれてしまうのか、拙者にはちょっとわからないです。

彼女を選ぶと、周りの女の子達からカップル成立を祝福する声。嫉妬や悪意の念は全く感じません。
私がガン見していた二番目の女を選ぶと思われていたのか「もう、あの娘じゃないんだね。浮気者さん」と軽くお尻を触られたくらいでした。

なんというか・・・このスレてないところがいいですね。

嬢を横にすわらせて、しばらくトーク。ジャカルタ出身の18歳でした。とはいえ時間も無い上に未改宗マンもいるので、さっさと先に進めることにします。

「じゃあ一緒にプールに入ってて・・・私も着替えていくから」

プールにつかってゆっくりしていると、白の水着に着替えた嬢が登場しました。彼女の可愛らしいイメージに反して、結構きわどい水着です。身長は低いですが、大きめの胸にむっちりとした太もも、想像してたとおりスタイルは抜群です。

体を洗った後でプールサイドでイチャイチャ、すると嬢は海パンに手を伸ばし、一物をとりだして小さな唇の中に含み始めました。

他のお客や未改宗マンの視線からは外れているとは言え、開放感あるプールサイドでフェラはちょっと緊張します。しかも向こうはきわどいとは言え水着を着ているわけで、非日常の感覚に襲われます。きっとアラブの王様達も、毎日こんな暮らしをしているのでしょう。知らんけど。

というわけでベッドがある個室へ。

塵一つ無い豪奢な一室で、嬢と対戦。

風俗らしく、まずはお口で全身をご奉仕してくれる嬢。なんというか、すべすべピチピチの肌がたまりません。

フェラの最中に、夢中になって嬢の体を触り、その感触を楽しみます。胸、太もも、お尻、くびれ・・・すべてがもぎたての果実のように弾力があり、みずみずしいのです。

この国の湿度が高いからか、彼女たちの肌が強いからかわかりませんが、とにかく肌がキレイで、果実の様に瑞々しいです。全身を舐めてくれている嬢に触れ、その肌の感触を楽しむだけで、極上の気分が味わえました。本当に赤ちゃんレベルの肌です。

蘭領インドネシアに派遣された旧軍の兵士達が、終戦後に現地に残ってインドネシアの独立のために戦った気持ちがわかります。
まさに気分はムルデカ。

今まで味わったことの無いような生命力溢れる若い体に、シミ一つ無い肌を堪能しながら、本番開始。
割とゆっくりめに腰を振る騎乗位から座位、そしてバック。

時間制限も無いみたいなので、あちこちの肌の感触を楽しみながら、できるだけゆっくりと中を堪能します。
とはいえ、限界があるのが男というもの。嬢が疲弊する前に発射して果てました。

余韻を楽しんでいると、嬢は裸のまま尻をこちらにむけて、ずっと窓の外を眺めています。
アレクシズの外にある線路の、ずっと向こうにあるバラック街。
見ていて決して楽しい物では無いはずなのに、真摯な瞳で、ただじっと見つめています。

(ひょっとしら、彼女はあの貧民街出身なのか?)

バラック街・・・・・・東南アジアでも珍しい存在になりつつあるそこは、高度成長中のインドネシアの陰の部分。とはいえ才能と努力次第で抜け出られるところでもあります。
しばらく無言で街を眺めていた嬢は、こちらを向いて微笑みながら「じゃあ、いこっか」と退室をうながします。結局彼女とバラック街との関連性は聞けずじまいでした。

ロビーに戻ると未改宗マンが待っていました。

「最初の色白の娘、結局ロビーには帰ってこなかったよ。どうやら一人客を取ったら帰るシステムみたいだ」

タイや中国では、一日に何度も客を取るのが普通です。ですからすぐに「個室に行こう」と言いますし、終わったら次の客をとるためにさっさと戻ります。

しかしアレクシスのシステムは違うようで、基本的に一日一客しか相手にしないみたいです。

なのでロビーでゆっくりとトークを楽しみながら、ゆっくりとプレイするのが普通のスタイルだとか。

今度来たときは、アラブの王様の様にゆっくりとソファーベッドに侍らせながら酒を飲み、アラブの王様の様にプールサイドでフェラを堪能し、アラブの王様の様にベッドで楽しもうと思います。

本当にアラブの王様がそんな人たちなのかはさておき、インドネシア最高級風俗店アレクシスはいい思い出です。
あれから1年近く・・・今はどうなっているのでしょう? 嬢たちはスレていないでまだ純真でいてくれていると、嬉しいのですが・・・

 

おっさん

2018年3月現在、アレクシスホテル7階のSPA「Bathhouse」は閉鎖されました。Bathhouseには外国人美女軍団とインドネシア美女軍団が在籍していました。

閉鎖されて、すべての女の子がいなくなったかと思われましたが、ロシア嬢や中国娘などのインポートがいなくなっただけで、同じアレクシスホテルの3階(4階)にはアレクシスの醍醐味である高級インドネシア嬢は健在とのことだ。

あと追加情報ですが、2018年3月にリニューアルオープンという話をママさんからゲットした読者様がいます。アレクシス完全復活も近いはず。

みんなもジャカルタに行ったら、ローカル置屋だけでなく、高級店も一回くらい行ったほうがいいぞってばっちゃが言ってたぞ。

この記事を書いた人

MAN-NARAKEN
MAN-NARAKEN ドーソンで会いましょう

関西在住のエリートアフィリエイター。
友人の未改宗マンと共に仲良く遊んでいる。
MAN-NARAKEN氏とおっさんはネットで食っていこうと思っているのだが、友人の未改宗マンが結婚してしまったので、どうやって引き込もうか思案している。

アリスソフトのMIN-NARAKENとは全く関係がない。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. インドネシアはまだ行けてない国の一つです。

    円高に振れている現在、もう少し末端の社員にまで景気の良さが感じられる社会になればいいのですが、全く経済効果が波及しません。

    行ける機会があればぜひ行きたいのですが、風俗でナマ率はどの程度でしょうか?

    このサイトを見てる方の体験など聞いてみたいです。

    • ossann

      ネシアは早く行ったほうがよい国の1.2位を争うところです。ローカル置屋系だと生率はほぼ100パーセントもありますし、立ちんぼ派のS・Fさんなら立ちんぼもよいと思います。
      立ちんぼは生率8割はありますね。

  2. やっとテンション上がる記事が来たよ。
    最近のはヘビー過ぎて胃もたれしてたからw

  3. で、一発いくらだったんだよ。

    • ossann

      レポートに載っていませんでした。
      私がジャカルタに行くときに最新データを取ってきますよ。
      以前のデータで言うと、だいたい1万円ちょっとくらいですね。

  4. おじいさん

    行ってみたくなりました。

  5. あっちゃん

    始めまして!ホームページよく拝見してます!色々勉強させてもらってます!自分も6回目のジャカルタ旅行を来月から行ってきます!何処か気になる所があれば突撃してきます!何処かありますか?少しで皆さんの情報なればと思います!

    • ossann

      そうですね。それでしたら高級SPAのレポが欲しいので、この記事にあるアレクシスSPAや1001などの突撃体験談が欲しいです。
      ぜひ突撃して美女と遊んできてください。

  6. エロ駐在員

    Alexisは摘発の影響でかつての装いでは営業しておらず、7FのSPAも閉鎖されています(2018 年2月末時点)
    多くのお嬢さんたちが姉妹店のHotel 1001(ホテルスリブサトゥ)に異動しました。このHotel1001もAlexis 7F同様にプールがあり、同じ様なプレーは可能です。
    お値段もAlexisとほとんど同じでしたね。160-180万ルピアくらいだったかと。

    • ossann

      アレクシスの女の大半が1001に移動したととママさんなどは言いますね。
      先月の情報で読者様よりアレクシス再開の話と、現状でもインドネシア高級嬢はアレクシスにまだいるそうですよ。
      3階(4階)にいるとのことです。

  7. 学生最後の長期休みに半月ほどタイに行きましたが、今はインドネシアが熱かったのか、、、

    • ossann

      インドネシアは熱いです。激アツです。そしてタイはもう時代遅れです。情報が多いので惑わされるかと思いますけど、アジアはいい国だらけです。
      たくさん見てベストを探してください。

  8. インドネシアで処女と遊べるところはありますか?
    バンコクのナタリーには定期的に処女が入ってきていましたが。

    • ossann

      聞いたことないですね。
      若いのなら立ちんぼにいますけど、セミプロですから処女じゃないでしょうw
      たぶん、あるなら地方などにいってお姉さん的な人に斡旋してもらうタイプでしょうね

  9. アレクシスは先日、強制措置により完全閉鎖されました。合掌

    • ossann

      らしいですね。アレクシスが終わって悲しい。
      これで1001に行くしかないですね。昔行って高級ネシア嬢がのきなみブスばかりでゲンナリしております。
      今はだいぶマシになったみたいですけど、今度行ったらまた見てこようかな

  10. 値段が書いていないのは
    記事としては面白いのに残念です。

    • ossann

      もう無くなったので、まあいいじゃないですか。これからは1001にいってください。