世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

おっさんです、こんばんわ。

今回はウラジオストクのサウナのシステムの解説します

ロシアのサウナは文字通りの「単なるサウナ」ではなく、サウナに女の子を呼ぶことが出来て、併設されているベッドルームでセックスが出来る場所として有名です。

サウナに行って、店員に女の子を呼んでもらうと30分ほどで女の子を連れた車がやってきます。

今回おっさんたちが利用したこちらのサウナでも、もちろん女の子を呼ぶことが出来ました。

サウナはたとえば1時間1500ルーブルだとか、2000ルーブルとか利用料が決まっていて、女の子が来るまでの時間や実際に女の子と遊ぶ時間、サウナに入っている時間なども合計されて利用時間分の料金を請求されます。

そのため、女の子が忙しくてなかなか来ない時などは、思いのほか時間を取られサウナ代が高くつきます。そこで一人でサウナを利用するというより、大勢の仲間でサウナを利用することが一般的です。

そして女の子と遊べば、1時間3000-4000ルーブルほどの料金が別途かかることになります。

今回利用したこのサウナ。見るからにきれいですね。プールもちょっといいやつです。

綺麗なプールで女の子といちゃいちゃしながらセックスできるという、日本の普通の風俗ではないサービスです。

プールでセックスできることから、ウラジオストクではこのプールを「例のプール」と呼ぶそうです。(嘘ですw)

プールの横にはソファとテーブルがあります。飯も食べられるようになっているので、酒を飲みながらわいわいやって、カラオケなども楽しむことができます。

サウナも大型で、同時に8人くらいは入れます。大勢で来ても無問題ですね。

シャワールームも大きく、2-3個あります。サウナで一汗かいて冷たいシャワーをあびるのも乙なものです。

 

サウナに付属のベッドルームです。ホテルの部屋に比べるとクオリティは下がりますが、案外きれいな部屋だったりします。

サウナ自体には何人でも入れる一方で、ベッドルームは2つしか付属してないことがほとんどです。

そのため、誰かが女と遊んでいる時は、他のメンバーは飯を食ったりして待つことになります。

女は呼んでもなかなか来ないわ、いい女は争奪戦になるわ、同時に仲間と遊ぶことになれば順番待ちになるわで、かなりゆったりした風俗遊びになってしまいます。

置屋好きによくいる「いまやる」「すぐやる」「さっさとやる」タイプの人間にはかなりまどろっこしいので、イライラしてしまうこともあります。

 

サウナの女とホテルにやってくるコールガールの違い

 

サウナにやってくる女は車に載ってやってきます。また、ホテルにやってくるコールガールも車に乗ってやってきます。

なんだか素人目には同じところから来ているように見えます。

しかし、一応彼女達には区分けがあり、サウナにはサウナのお抱えの代理店があり、その代理店の女しか基本的に来ることはありません。

また同時にホテルにはホテルのお抱えの代理店があってホテルにしか来ない女の子が集まっているというわけです。

 

サウナに女を呼んで30分。一人目の女がやってきました。うーっむ。どうでしょうか。悪くわないけど、いかにも売春婦って感じの風貌ですね。

おっさんてきにはやはりティモテ系の売春婦に見えないナチュラル系がいいかなと思うのでスルーしました。

さらに20分後。

今度は二人組です。おおっと、一人は肉ダルマですね。ロシアでもこういう化け物系女子がふてぶてしくも風俗嬢として働いているわけですね。

日本の風俗とそこは同じようです。いやーー早く消えろwww

っと思ったら右隣にいる子はなかなか可愛いですね。闇を抱えた感じの美少女って感じですねーーって言っていたら、あれ????この子どこかで見たぞ??

そう、よく見たらこの子は、あのプリモーリエホテルの専属の子です。なぜここに??

黒い女の子も、こちらを見おぼえがあるので、仲間の女とひそひそ話をしております。

あちゃー、ばれちゃった??困ったわ?なんて話しているんでしょうか?

警察を取りしまるエリート官僚V氏に、質問してみました。

この子はホテル専属のはずだろ?なんでこのサウナに来てるんだ?

V氏は答えます。「おそらく、今日の稼ぎが悪くて代理店がが特別に融通してこちらに来させたか、女の独断でやってきたかのどちらかだな。基本的にホテルと契約している代理店の女はホテルにしか来ない」

なるほどね。そういうことですか。

サウナに来たメンバーの一人がこの子と遊ぼうと思い、値段を聞いてみました。

プリモリエホテルでは4500ルーブルで遊べたわけですが、サウナだとどうなるのか?

女の子がバックにいる男に値段を聞いています。ロシア人のV氏がいるのでぼられることはありませんので、サウナで遊んだ場合のこの子の値段が明らかになります。

ずばり値段は5000ルーブル。ってなんやねーんww

高いぞ、プリモリエホテルで遊ぶより高いではないか。この値段だとサウナで遊ぶメリットを感じません。サウナ代を払うだけ損だというのに、女の子の遊び代も高いとか。Vさんが言うように代理店が特別に融通したせいで手数料が入っているものと思われます。

こういった裏話をこの時は知らなかったので、一瞬やっぱりぼられたのかと思いました。

というのも、いつも車で回っているわけですから、ほんの数十分前にはどこかのサウナを回っていたはずです。当然自分の値段をいくらにするかなんて頭に入っているはずです。

なんであえて男に聞くのか?さっさと5000ルーブルですと言えばよかったのに。

これには理由がありました。なぜ女は毎回自分の値段はバックの男にあえて聞くのか。それは、わざと高い値段を客に請求して男には差額を引いてお金を渡すことを防止するためなんだそうです。(7000ルーブルと言っておいて2000抜いて、5000ルーブル渡す女とかがいるそうです)

そのため、男が常に追随して監視しているのです。恐ロシアを見た気がしましたww

結局、来るのがちょっと遅かったのもあって良い女の子が回ってこなかったので、この黒い子と仲間の一人がセクロスをしてこの日は終了しました。

おっさんはセックスせずに終わってしまいましたがサウナのシステムが分かったのはよかったです。

 

サウナはサウナ代もかかりますし、女も少し高いことが多いので、気軽に行けるものではないと思いました。

女の子がよく集まる時間帯に大勢の仲間と一緒に行ってゆったりと構えていくのがよいと思います。1人で行ってもサウナ代がきついですし、女の子も1人しかいないサウナにはあまり来たがらないので、間違っても1人で行ってはいけないと感じました。

 

 

↓↓クリックしてインポイントを上げましょう↓↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

この記事を書いた人

ossann
ossann 勇者LV83

おっさんです。エロイように見せかけて結構淡白です。

コメント

  1. インドの暗黒街に行ってきます

    おっさんさん!ロシアには立ちんぼいるの?(・∀・)

  2. こんばんは。
    今、ウラジオストクにいるんですが、サウナの行き方がわからなくて困ってます。
    タクシーの運転手に伝えれば行けるんでしょうか?また、もしよければオススメの場所とか、教えてもらえませんか?

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)