世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

おっさんです、こんばんわ。

2016年ラオス北部の旅の続きです。

 

次の日の朝を迎えました。

 

おっさんは行きたくないというのに、仲間達が「せっかくムアンシンまで来たんだから、朝市(モーニングマーケット)見ていこうぜ!」なんて言うんです。

お前ら普通のツーリストか!!!

 

しぶしぶ朝6時に起きてマーケットまで向かいます。

ホテルから遠いんですよ。これが、また。

バイク借りていなきゃ、絶対行きたくないね。

 

ムアンシンの朝市、モーニングマーケットは寂れていた。

 

muang-sing-morning-market

ムアンシンの町のはずれにあるマーケットに到着。中国が近いだけあって、中国語が書かれている看板がありました。

ふむふむ、ラオスのお金を使いましょうと書いてあるみたい。

 

muang-sing-morning-market2

 

ムアンシンのマーケットは最北のマーケットでもあるんで、さぞや珍しいものが売っていたり、民族衣装を着た少数民族が山から下りてきたりと面白ろそうな光景が見られるのかな?と思いましたが、実際はこの通り。

ラオスの田舎町の普通のマーケットでした。

少数民族がいるにはいますが、民族衣装をしっかり着ておらず、頭にスカーフみたいにを巻いていたり、足元だけ民族衣装、上着だけ民族衣装…といったか感じで、かなりいい加減。

観光客が写真を撮りたくなるようなマーケットではありませんでした。

 

 

muang-sing-market-animal

 

ムアンシンでも小動物が売買されていましたが、この前のウドムサイの熊の手に比べると小粒ぞろい。

まったくと言っていいほど見どころがありません。

どうやら、時代の変化とともに民族衣装も着ないし、売っているものも珍しいものはなくなり観光客は激減。

だからファランをほとんど見なかったんですね。以前はラオスにはファランが多かったのですが、最近はヴィエンチャンでも昔ほど見ませんよね。

一時的なラオスブームは過ぎ去ってしまったようです。

 

 

kaoso-i

 

2-3周マーケットを見て、飽きてしまったおっさん達は市場の横にあった店で朝食をとりました。

カオソーイです。ここのカオソーイは美味しかったです。ラオス北部はスープの中に肉味噌をいれるらしく、ちょっぴり辛い風味がなかなか美味でした。

 

ラオス中国国境(PANG HAI BORDER)に行ってみた。

 

ホテルに戻ったおっさんたちは相も変わらずやることがありません。

観光客がいないので、ツアー会社(あのバイク屋です)もまともに営業していないですし、どこかの少数民族の村に行こうかと思いましたがやめておきました。

 

代わりに、せっかくここまで来たんだし国境見てこようぜ!!ということで、みんなで中国ラオス国境を見てくることにしました。

 

バイクで北東に15キロほど走りました。

 

中国から側から向かってくる車を避けながらブンブン飛ばします!

 

たどり着いた国境です。国境の看板には「PANG HAI BORDER CHECK POINT」と書いてあります。

panghai-border-checkpoint

 

この小さな建物がイミグレのようです。

写真を撮っていたら、係りに怒られましたw

イミグレはどこも厳しいですね。

 

panghai-border

警備の係りにシッシとやられたもんですから、ものの数分で退散。

 

つまらない国境でした。てっきりイミグレ近くに面白い置屋ゾーンでも有ったりしないかな?と思ったのですが、周りは崖とただの山でしたね。

むかし北朝鮮の脱北者がここを通ったそうですが、周りはいくらでも抜け道がありそうでしたから、ここを通過するのは簡単だったことでしょう。

 

 

 

ムアンシン最強のホテルを発見!!JF無料どころか、連れ込みし放題、ノーチェック!

 

ホテルに戻ったおっさん達は、今日はホテルを変更しました。

 

昨日のホテルも「実質」連れ込み可能だったのですが、仲間が連れ込んだ女の子曰く、このホテルだと安心できず女の子によっては連れ込みを嫌がる子がいて、そういう子でも嫌がらずに連れ込めるホテルがあると・・。

 

そこで、今日は女の子が言っていたホテルに変更しました。

muang-sing-freehotel

置屋外のそばにあるホテルで、中国人経営のホテルでした。

パスポートも見せる必要もなく、だれでも泊まれるし、何も言われない楽勝なホテルでした。

受付のオーナーらしき中国人は、麻雀の邪魔スンナ!!って感じで、お金と引き換えにホテルのキーを渡すと、すぐに麻雀をやりだす始末。

このいい加減さが逆にいいですねww

 

 

muang-sing-greathotel

ホテルの中には中国人経営によくあるゲームコーナーwww

客も少ないのに、だれが利用するんでしょうか??

 

最後の夜はムアンシンのラオっ子に中出しなるか?

 

そして本日、最後のムアンシンの夜。夜遊びの始まる時間が近づくにつれ、ドキドキわくわくするおっさん達。

昨日の仲間のようにロングでNNを決めねばww

 

 

今日は新たな置屋群を発見。3軒纏まっています。

ここは食堂置屋というより、女の子がずらっと並んで待っているタイプ。

非常に選びやすいです。

muang-sing-brothel4

 

かわいい子がいたので、さっそく選んでまずはショート。悪ければ次の店に行きます。

横にやり部屋も用意されています。

muang-sing-brothel3-room

見てのとおり。やはりムアンシンの置屋の部屋はきれいですね。劣悪な環境を予想しがちですが、意外な発見です。

ただしやはりここも客はシャワー室はなく、すなわちフェラはまず期待できないということ。

まったく!!!

ここに来るであろう中国人もフェラを要望しないってことでしょう。

もしここににファランが来るのであれば、とくにフランス人やオランダ人のド変態野郎がくれば、フェラは基本だったろうにw

下手したらアナルもあるなw

 

実際にプレイはどうだったかというと、かなーーーり淡泊。

やはり体を洗えないので、舐めるという行為がありません。ただ単に寝るんであとはどうぞ!!というお人形さんスタイル。

おっさんあまりのつまらなさに、イケずにもういいわ!!と金を払ってさっと終えて出てきました。

 

だめだめだ。さっさと次の店に移動や!!

 

次の店です。ここはおっさんのホテルの目の前にある置屋。

せっかく行きましたが、すでに客が満員で女の子が一人も残っていませんでした。

くそーー、さっきのお店で時間をとられちまったかorz

 

muang-sing-brothel3

 

このタイミングで、おっさんの仲間は昨日いい思いをした二階建てのお店に行ってくるといって、出ていきました。

ぐぬぬ、このままでは最後の夜もおっさんだけ満足できずに終わってしまう。

 

焦るおっさん。

 

そうだ!!バイクで遠くまで行ってやろう。ここらへんは置屋がまとまっているからみんな来るだけで、他にもきっと置屋があるはず。

そう思ったおっさんは、バイクに飛び乗り今まで開拓していなかった方面に走り出しました。

 

あたりを走ること10分後・・・・おっさんの感は正しかった。

 

ひっそりと奥の方に新しい置屋を発見!!

 

muang-sing-brothel6

 

他の客などいない置屋です。ふふふ、読み通り。きっといい子がそろっているに違いない。

 

中に入ると、気さくな店員が出迎えてくれ、女の子の顔見世をしてくれました。

すこし時間が遅くなってしまったので、女の子は早くも寝ようとパジャマでいましたが、そこをおっさんがそうチェック。

最近はまっている巨乳ちゃんを発見して、連れかえることにしました。

 

今回はロング!!!ムアンシンではたった25万キープ。3000円でロングができます。

ふふふ、安くて財布は痛くないwww

女の子も恥ずかしそうにしながらおっさんのバイクの後ろに跨ってきました。

 

 

muang-sing-brothel6-girl

 

そしてお部屋でパチリwww

いっしょにベッドの上で写真を取りました。

まったくスレのない優しい性格の女の子でした。

部屋に連れ帰ってシャワーを浴びると、Dキスいっぱい。やはりフェラはありませんでしたが、おっさんの期待通り生中出しを決めることができて、おっさん満足のムアンシンの夜を過ごせました。

 

 

北ラオスまとめ

 

振り返ってみると、ラオス北部の旅は金もかかりませんし、まったりとしていて悪くなかったです。

ただし、アクセスが悪いので人を選ぶでしょう。

特にムアンシンまで行くとなると、どのルートをとるにしても片道2日かかることでしょう。

深夜に出て朝タイに着く飛行機であれば、運が良ければ当日中にムアンシンに到着かもしれませんが、それ以外では難しい。

そうまでしてここに来るべきか?といわれれば、マニア以外は行く必要のないところと言えそうです。

ラオっこと遊びたければ基本はヴィエンチャン、確実にすれていない子と安く遊びたければ、北ラオスを考えるといった感じになると思います。

 

 

↓↓クリックしてインポイントを上げましょう↓↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

この記事を書いた人

ossann
ossann 勇者LV5

おっさんです。エロイように見せかけて結構淡白です。

コメント

  1. ラオス編お疲れさまでした。
    ミャンマーのお話も楽しみにしてます。

  2. 明後日からラオスに1ヶ月滞在するのでワクワク止まらないです(^.^)
    もちろん北も攻めますよ!
    山賊などに襲われないように気をつけます^_^

  3. 俺もオッサン

    フェラがないのは納得出来ないですよね。私だったら耐えられません。しつこくするよう頼んでもダメなんでしょうか?

    • ossann

      絶対にやってくれないと思います。ラオっこは頑なです。
      もう少し、あの子たちには想像力と度胸と柔軟性が欲しいですね。

  4. いつもお疲れ様です。
    レイアウト変更をなされていたんですね(^∇^)
    お身体には気を付けてください。
    応援しております。

  5. テンプレート変わって残念です。

    前の方が良かったです。

    なんというか、画面がうるさく感じますね。

    • ossann

      たしかに、ちょっとうるさいかもしれません。
      新しいテーマで機能が上なので選んでみました。
      慣れてもらえるとうれしいです

  6. おっさんこんばんわ。ラオスの秘境もいいですが、バングラデシュはいかがですか。
    ローラみたいな女が1発100円と聞いております。体験記お願いします。宜しく。

  7. ポンコツ係長

    おっさんさんはエロ情報だけでなく、
    クレカや航空券情報も含めて有益な
    情報ありがとうございます。

    そこで質問なんですが、私はスター
    アライアンス系でマイルを貯めて
    いるのですが、たしかおっさんさんも
    ツイッターでマイルの件をつぶやいて
    いた気が。

    ぶっちゃけマイルが貯まらないけど
    格安なLCCとかも魅力を感じるの
    ですが、おっさんさんの持論があれば
    教えてほしいっす。

    • ossann

      おっさんもスタアラです。
      おっさんの持論はLCCはなるべく乗らない派です。

      そのうちマイルを効率よく貯める方法を記事にします。
      お待ちください。

      • ポンコツ係長

        ありがとうございます。

        おっさんさんのMAPは大好評だと思い
        ます。私を含めて刺激を受けで購入し
        各マップ地に何回も出かける人も増えて
        いると思いますので、そうなるとマイル
        を効率よく貯めて一回でも多く遊びたい
        のが男心。

        有料でも内容が良ければ絶対購入したいと思いますので、ご検討のほどヨロシクお願 いします!

        • ossann

          読者様をタダ旅行できるように、情報を紹介できればなと思います。
          実際、できると思いますしね。
          しばしおまちください

  8. ossan、こんにちは。
    ページのデザインがカラフルになりましたね。ちょっと、おしゃれな感じに見えるかな…
    せっかく変えたのに申し訳ないですが、個人的には、前のデザインの方がシンプルでしっくり来ました。辺境の置家を探索する硬派なossanのサイトには、前のデザインの方が合っている気がします。それと、以前のように記事一覧にコメント数の表示がある方が、新着コメントの有無が一目でわかるので便利です。
    記事の内容はいつも面白いので、これからも楽しみにしていますね。

    • ossann

      前の方が男っぽいですね。今のは暖かい感じ。
      そのうち設定いじって、もうちょっと男っぽくしますね
      コメントですが、たぶんこのテーマにその新着コメントの機能がないとおもうので無理ですね。
      どのテーマも一長一短ですね。
      このテーマは最新で人気があるみたいです

  9. 中国人について

    中国人は「処女とセッ●スした人は寿命が延びる」と信じていますか?

  10. バングラが100円というのははるか昔のこと。数年前でも地元置屋で2000円、集落で1500円程度。おっさんの勘が正しい。行くほどの価値なし。

    • ossann

      匂いがきつそうですね。
      軽度の腋臭はいいけど、重度の腋臭の匂いが流石におっさんも無理なんで、インドとバングラは行かないと思います。

  11. 匂いはなかったですよ。当方の経験では、タイでもミャンマーでも色白系、我々と同じ種族のほうが臭う傾向にあると思います。バングラは風俗への圧力も強いし、地区によって違いますが今や5000円は下らない状況です。安いところの多くは豚小屋ですw

    • ossann

      色々ときつそうなんですね。
      来月インドかネパールあたりにいこうかと思ってましたけど、やめました。
      まだ修行が足らないみたいですw

      • おっさんすごいと思います。晩倉、ネパールはお勧めしませんが、インディアはいいかもしれないです。少なくともその3国の中ではダントツに価値あると思います。インディアは1度行っただけなのでえらそうなことは言えません。ヒンディー語を少しでも勉強して行けば・・・あと時間も必要です。おっさんなら強盗まがいや詐欺には対処できると思いますので、行ってもらいたいです。

        • ossann

          インド100パーセントの濃さはきついですねw
          ミャンマーのインド人くらいマイルドだといいんですけどね。
          あと、おなか壊すと思うので。。。いかないですw

  12. ベトナムイケメンが怒ってますよ

  13. 北ラオスをまとめるとウドムサイはトゥクトゥク10万、女の子ロングで40万でした。遅い時間に行くと35万になるとの事でした。ただ足もなければどこにも行けないのでウドムサイは正直うーんて感じでした笑
    ルアンナムターはおっさんが言ってた通り小さなバンビエンみたいな感じの街で居心地は良かったです。カヤックや民族の村のツアーもあって退屈せずに済みました^_^
    こちらはショート15万ロング35万でした。
    ムアンシンは特になにもすることがなかったのですが泊まったホテルのカジノで暇を潰す感じでした。例のゲームのあるホテルです笑
    僕も最初中国人経営者かと思ったのですが聞いてみたらラオス人みたいで7年ほど中国にいたそうなので顔つきが中国人寄りになったのではないかと思います^_^
    無料で洗濯して貰いましたしご飯もご馳走になりました(^.^)
    置屋ですがショート15万中国人は13万ロング25万でした。
    唯一残ってるレンタル屋ですが観光客もいなく経営も厳しいとの事なので来年には店を閉めると店の店主が言ってました。
    NNは決めてませんが個人的には北ラオス良かったと思います^_^

    • ossann

      おお、あれからムアンシンまで行かれた方がいたのですね。
      お疲れ様でした。あそこのホテルは中国人経営じゃないんですね。オーナー完全中国人にしかみえませんけどw
      北ラオスの値段は安いですから、マニアにはいいですね。なかなか行くのがしんどいですがw

  14. あじあの絵露利須都

    「ムアンシンの市場は寂れていた」とありますが、ラタナキリ州Banlungの市場と同様ですね。

    東南アジアのかつて「秘境」と言われた場所はどこも同じですね。道路の発達とインターネット・スマートフォンの普及が最大の原因でしょうね。

    • ossann

      モノも情報もまわりやすくなって、地方の市場は小さくなっていくと。
      なんだかさみしさも感じますね。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)