世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

ライターのSTREET-Fです。

 

今回はみなさんもよくご存知の「懐かしい場所」の思い出を語ります。

バンコクの最下層の場所「ヤワラー」の立ちんぼ

 

バンコクの王宮の近くにある中華街ヤワラート。

ヤワラート近くのロータリーには昔から立ちんぼがたつ。

293 Wong Wian Yi Sip Song Karakada Khom Rd, Khwaeng Pom Prap, Khet Pom Prap Sattru Phai, Krung Thep Maha Nakhon 10100 タイ

 

ここは常にどんな時間帯でも女がいる場所。

昔は人もほとんどいなく、走る車もなくゴーストタウンのような場所だった。

それでもオバアサン1人、オバサン2人が誘ってくるような場所。

一つの通りを往復すると誘ってくるのはどう見ても道を掃除しているようなオバアサンが手招き、それをスルーして反対側の道をロータリーまで帰るとそこには太ったオバサンと痩せたオバサンが二人。

痩せたオバサンに声をかけると太った方はすぐに奥へ引っ込む。

会話や交渉には割って入らないのが鉄則のようだった。

オバサンが提示したのは300バーツ。本来は500バーツ均一だがまだ午前中に訪れる男は珍しいのか、300バーツという破格の値段を提示したのに、しばらくおばさんの手を握って渋る様子を見せる。

すると200バーツとディスカウントした値段を出した。

S・F「ノー、コンドーム?」

と、さらに交渉すると

オバサン「300バーツ、OK。」

と、言われたので、そのままその上にある旅社に移動。黒のTシャツにGパンとタイには一般的なスタイルのおばさんに中出し。

朝に一発済ませてようやく体が朝を迎えたことを認識して昼間のバンコクを歩く。

こんなことをバンコク滞在中は毎日繰り返すのが日課だった。

そんななか、コストパフォーマンスの良さで、夜にヤワラートにやってきた。

自分は朝方か昼間はここにやってくる、なぜならホアランポーンの駅からここまでは歩いていける距離。

しかしここにあるロータリーの名前を知らない。

タイ語を話せない自分がここの特定の場所を伝えるのは難しく、しかし歩いて行ける工程はしっかり覚えているので、ここまでやってくるのが普通だった。

明るい時間ならそれほど治安も心配ではない。

しかしやはり暗い時間帯の方が若い子も揃いだす。

そんな中夜に街灯の下で自分に一生懸命視線を送ってくるお姉さんがいた。

顔は若く見えるが歯並びの悪いのでおばさんにも見えるが、年齢は自分よりは下だろう。

歩いて行ったり来たりしても、声はかけないものの視線は送ってくるので交渉、やはり500B。昼間も立つような人ではなく、肌も多少若い感じがしたのでその値段だろう。

というよりヤワラートはほとんど条件(年老い過ぎているとか見た目がよろしくないとか)がない限りショート500Bなのだ。

で、ナマ交渉もOKだったので近くの旅社へ。

彼女は水しか出ないタイ式のトイレの上から出る水で体を洗っていたが。こんな汚い場所でシャワーを浴びたくないので自分はシャワーを使わず。帰ってからホテルの温かいシャワーで浴びることにした。

で、約束通り、ナマで中だし。

膝を肩まで持ち上げる体位が好きなのは、これが妊娠しやすい体位だから。

彼女の中に包まれて出して、しばらくは妊娠するように抜かない。

彼女たちはピルなど使用しているのだろうか?それとも中出しされても洗えば大丈夫と思っているのだろうか?

ヤワラーで中出しは当たり前だった

こんな無茶を安価で出来るのでバンコク滞在中は一日は一回はヤワラートに訪れる。

自分のバンコクでのライフスタイルだった。

これもヤワラート、顔のなじみ人の話。

何年か前に知り合い、5年ぐらいタイに来てバンコクに来るたびに呼んでいるオバサンを電話で呼び出した。

このオバサンは左目が不自由。メガネをかけていたり、左目にレンズをしていたりしているがそれでも女としての商売はしている。

何度もあっているの顔なじみだった、名前はTという。

散々オバサン、オバサン言ってるが年齢は自分より2つ下。

だが子供を産んだ体なのでお腹が太ったオバサン化していた。

この人とはあった時から生中だしOK。

「中だし好きなの?」と聞いたら「嫌い」と即答していた。

「あなたが生でしたいと言っていたから、させているだけで他の客とはちゃんとゴム付けて仕事している」

と多少怒った感じだった。しかしそれでも中出し。

オバサン化した体だが、やわらかい肉に埋もれて腰を叩きつけて中出しするのは気持ちいい。

しかしかなりの数この人に中出ししたが未だに妊娠しない。

初めに生交渉して中出しした時もよく考えもせずにOKと言ったので、何かあって妊娠できない体なのかも。

ヤワラートで売りをしている以上ピルを服用するようなお金もなさそうだし。

その日もショートで500バーツきっちりで終了。

ヤワラートは何度も行ってるので、今後はヤワラートでの経験を、まとめていずれ投稿しようと思います。

 

おっさん

ストリートファッカー氏は今回のお話で出てくるヤワラーのジュライロータリーで相当ぶっ放してこられたようでw

それにしても、オバサンやら障碍者やらそこに行くのか!というレベルに喜んで突っ込んでいく特攻スタイル。そして妊娠させる気でいる「悪質&変態系ファッカー」ですねw

ストリートファッカーさんは超一流のファッカーですね。この人に勝てる人はそうはおらんでしょ。

 

 

 

この記事を書いた人

STREET-F
STREET-F Mr.アフリカン

ストリートファッカーさんのサイトを見るには
「STREET-Fが書いた記事一覧」にあるバナーからどうぞ

コメント一覧

  1. 掲載ありがとうございます。

    ヤワラートは書いている通り、バンコク滞在は毎日。午前中から昼にかけてMRTで行って後は歩くのですが、コストパフォーマンスの高さが魅力です。

    しかしここ数年パタヤが主流になっているので。あまりバンコク滞在はそう頻繁にはしなくなりました。

    スワンナプームから空港に直でパタヤとか帰る時もパタヤから空港へ直帰してしまうので。

    もっと休みがあればバンコクもパタヤも満喫できる生活を送れるのですが。
    リーマンなのできついです。

    • ossann

      安いですね。ヤワラーは。私も何度か行ったことがありますが、歯が抜けた女が200Bでいいから買ってくれと!言ってきた来たことがあります。
      安すぎたので怖く感じてやめましたが、一緒に回っていた沈没系の方がお買い上げしていました。手馴れた様子が格好良かったですw
      最近はGOGOなども値段が上がり、きつくなってきました。それに伴いパタヤメインの方が増えましたよね。
      自由にパタヤのマンションで暮らしてみたいものです。

  2. こんなの金貰っても食えねぇよ。
    売春婦と同レベで頭がいかれてやがる。

  3. おじいさん

    めちゃめちゃディープなセレクションですね。超越的です。

    • ossann

      おっさんとは違うタイプのプロの仕事ぶりww
      見ていただいてありがとうございます。

  4. 僕、若干引いております…w

  5. 最初にバンコクに行った時、バンコクセンターに泊まったので、近くでした
    今はMRTがあるので便利ですが、当時はそんなものもなく、不便な立地でしたね

    夜、散歩がてらブラブラしていたら、700バーツで遊べるMPがありました
    ちらっと見るとデブかオババしかいないので早々に撤収
    まだ、冷気茶室と言う置屋がいくつか残っていた時代の話です
    それ以来、行ったことはありませんが、あのへんって変わってないような気がします

    • ossann

      立ちんぼは今でも立っていますけど、冷気茶室はもうなくなったらしいですね。
      私が昔遊んでいた時は1000バーツのMPがありましたね。

  6. 冷気茶まだありますよ。後々それも記事として掲載します。

  7. S,Fさんの記事はモルダ氏を思い出します
    ヤワラートは何度となく買い出しで通り過ぎていましたが夜はちょっと怖いところですね
    次の記事を楽しみにしています

  8. いい体してますね。美味しそうです。
    発展途上国は若い女が多いので、熟女好きの私は、
    若い女を紹介してくるポン引き(?)のおばさんの方を
    いつもお買上げしていますw
    この写真のおばさんは、まさにストライクゾーンど真ん中です。

    • ossann

      おおおお!!!
      熟女スキーあらわる。
      おっさんはピチピチのお姉ちゃんが好きです。ちんちんブッ刺すとビクンと跳ねるくらいイキのいいのがいいですw

  9. 熟女も若い子もどちらも行けます。

    閉経していようと妊娠していようと。ウリをしていたら買うのが自分スタイル。

    ただ妊婦さんのAVやソープは日本ではあるものの、海外では妊娠中にそれをしている人になかなか会えません。妊婦さんもイケルくちなので。

    すぐ次の記事を書きたいのですが、一つの投稿(マニラ)をおっさんさんに送って、それがまだ掲載してないので。次を送れない状態です。

    おっさんさんも忙しいようなのでこちらから急かすことは出来ませんし。

    • ossann

      妊婦もいける・・・・・・。凄すぎます。
      売っている以上買う、プロ中のプロ中のプロに域だと思います。
      サラリーマンにしておくのはもったいない。たぶん他に適職がある気がしますw
      マニラ編は次にアップ予定です。今編集中です。次の原稿よろしくお願いします!!

  10. マニラよく行くのでマニラ編楽しみです。

  11. あまりにおっさんさんに原稿を貯めすぎるのもよくないと思いますので、掲載を確認したらすぐに次を送るようにこちらで原稿や写真は貯めておきます。

  12. ヤワラーは真っ昼間から路上で売春交渉する体験を買う場所です。最高にアドレナリンがでます。台北旅宿があった頃は若い女性もいましたが今は厳しいですね

    • ossann

      たしかに昼間から立ちんぼ買うことができるってすごい事ですね。
      マニアにはたまらないことでしょう。
      ストリート・Fさん以外のマニアの方も過去のご経験を投稿願います。昔のむちゃくちゃな話聞いてみたいです。

  13. ヤワラーでババア、婆さんは100B~300B+部屋代の120バーツ程度
    ですが、

    ロータリー付近の某旅社近辺はずっと据え置き価格で600-700Bです。
    安かろう悪かろうですがお手合わせできそうな20代後半ぐらいは見つけられます。
    肥溜めに鶴はいるので一人は妥協できるでしょう。
    (先週、最新情報確認済み)

    普段、高級MPやゴーゴーで遊んでいる人には厳しいかもしれませんが…

    • ossann

      Andrewさんも元タイ駐在員ですからね。相当の経験をつまれています。
      100BにBBAとの経験もおありかな??

      • おっさん様

        いやーさすがにスキルが足りないので100-300bババアは無理ですね。笑

        あとは、ルンピニ公園は数もまばらで暗くてよく判別できない上に、

        ウォンウェンヤイの立ちんぼや、バーンカピの置屋は1000b未満とはいえ交通の便が悪すぎです。

        サムローンは根城でしたが、規制がかなり入ってるようで、今はおススメできません。

        結局未だに昼の12時ぐらいから女を確保できるのはヤワラーぐらいだと思います。

        値段だけのコスパで見れば伝統的な総額1300bのパタヤソイ6ですね。
        あんまり異論はないと思いますが。

        • ossann

          おっさんもBBAは調査以外では抱かないですね。好き好んで抱くS・Fさんは買春界のレジェンドだと思います。
          校長の次にえらいと思いますw

  14. さすがにヤワラーはいまだにヤクチュー不衛生も多いので、
    私もできれば生は遠慮したいです。
    SF氏はさすがですね、校長先生のように誰からも愛される10人プレイや親子丼の談話を聞きたいですw

    • ossann

      今は昔話を書いていただいておりますが、そのうち最新の話も書いていただきます。
      どんな内容が投稿されるか私も期待しております。

  15. たくさんのコメントありがとうございます。

    残念ながら親子丼の経験はないです。自分の最安値はプノンペン70stのオバサン、と18歳の若い子。2US$。

    これはもう本当に15年ぐらい前の話で写真もなくしたのでUP出来ませんが

    ですがバンコクとアンヘレスで姉妹丼しかも姉妹3Pの経験はあるので、それは後々投稿しようと思います。

  16. 先日、久しぶりにロータリー近辺をうろついたので情報を少し。

    時間は20時~21時半。街娼は30人ほどいました。
    屋台でよくあるプラスチックの椅子に座っている女が多いです。
    年代は20代~熟女まで。20代は選べる娘もちらほらいます。
    美形が2人いたのは意外でした。

    昔と比べると街娼は少ないと感じましたが、
    時間が早かったからかもしれません。。

    昔の定宿である旧台北旅社が改装中なので、
    新装開店が待ち遠しいです。
    またこの辺りに沈没するのもいいなかぁと思ってます。

    • ossann

      今でもジュライを覗かれているんですね。
      そして娼婦も今も普通に健在していると。
      おっさんはここでは一回だけしか買ったことがありません。
      みなさんのレベルが高すぎて、おしっこ疾呼ちびりそうですw

      • バンコクの定宿はBTSナナ駅近くなので、
        ジュライ近辺探索は数か月ぶりでした。

        現在、水かけ祭り回避で国外脱出中、
        バリ島でのんびり避難生活を送っています。

        おっさんは本当にバンコクに移住するのですか?

        • ossann

          数ヶ月滞在で海外移住を体験して、良ければ続ける感じでしょうかね

          • いいですね。
            私も最初はバンコク移住を考えましたが、
            パタヤの魅力にハマりました。
            ウタパオからホーチミン、プノンペンの便があれば
            最高ですが。。。

          • ossann

            ウタパオって、空港いくのが大変らしいですね。しかも高いそうです。
            ですから、スワンナプームに行くほうが安くつくそうですよ。
            BKKへ行ってしまえば、アジア中LCCでいけますからね、ホーチミンもプノンペンもすぐにいけますねw

          • そうです。

            パタヤ市内からウタパオまで1時間もかかりませんが、
            乗り合いワゴンで200~300バーツです。
            高いですねぇ。。。

            スワンナプームまでなら直行バスで120バーツです。
            スワンナプーム→ドンムアンはシャトルバスで無料。
            当日発のEチケットが必要ですが。

          • ossann

            2-300Bは高いですよね。しかも乗り場が分かりにくいとか、本数が少ないとか、なかなか使いづらそうです。
            patayaからドンムアン直行があればLCCも使いやすいでしょうね。

  17. この年末年始(2017-2018)、ヤワラートに行きましたけど、やはり普通に500Bでショートの人はいます。

    レベルは一様の落ちてましたね。3年前に会ったオバサンはいましたけど、毎回呼び出すこのスレッドの写真のおばさんは消えてました。

    醜いおばさんならまだ大量にいます。

    ひとりだけ顔がよくないオバサンだけ写真とナマ中出しOKだったので拾いました。

    ただこの時にいい人とスクンビットで出会え、その人もおばさんでしたがスクンビットなので1500B。コスパ的には悪いのでしょうが、初日から毎回中出しも撮影もコスも何でもOKだったので。5日間の滞在中、毎日昼に呼びだしてました。

    なのでヤワラートは一日だけ。いろんな出会いがあるので何度言ってもバンコクは飽きない場所なんです。

    • ossann

      この顔のよくないおばさんの記事はかなりのパワーがありますので、あと数日以内にアップします。
      SFさんのすごさがわかる記事ですよww

  18. 価値観の違いなんでしょうが、私なら500バーツ払っておばさんは勘弁です
    500バーツとは言えただではないので…(ただでも微妙です)
    それなら何倍もお金がかかりますが、それなりの店に行った方が個人的には満足です
    個人的な意見でSFさんを否定する気持ちはありません

  19. こんにちは。30代半ばの逝男といいます。最近ここを見つけて毎日興奮して読ませもらっています。19歳からバックパッカーをはじめてから度々海外に行っており、バンコクに行くときはヤワラー通いをします。冷気茶屋を含め、蒸し暑く不潔で貞操観念が低く安価に体を売る女たちがうろつくヤワラーに独特のエロさと憧憬を感じ、激しく惹き付けられています。中出は最強だと思いますが、いつも一日何人といくらで交えることができるか挑戦し、早朝・朝・昼前・昼過・夕方前・夕方・夜・深夜と合計8回3500B程度で逝ったことなど思い出があります。自分はたまたまなのかこれまでロータリー付近であまり日本人に会ったことはありませんが、SFさんの体験談を読むと勝手に仲間意識が芽生えます。投稿定期的にチェックします。楽しみにしています。僕も今後は撮影を試みたいと思います。

    • ossann

      SFさんの記事でまさかのヤワラー関連で猛者が集まってくるとはww
      SFさんの投稿はまもなくです。おまちくださいね

  20. 私もバンコクに行った時にはヤワラーに行きますがおばさんたちはあくまでも個人的な仕事ですかね、それとも管理されてるのか、ふと疑問におまいました。

  21. 個人だと思います。囲うような価値もない値がつかないような人たちなので。

    なので自分の事をよく理解している人は300とか200とか普通に値段を下げてくるのですよ。

    夜中3時に仕事が終了したラジャホテルの高級なロシアン娼婦はその時間帯になると駐車場近くのコンビニに夜食を買いに出てくるのですが、決して向こうからは声をかけてこないし目付き悪い監視(タイ男性)が見割っているので、そういうタイプは完全に囲われてます。

    • 私も個人的なODAでおばさんをガンガン突きにいきます。帰りのs&kのフカヒレスープとカニチャーハンが一押しです。(夕方4時からです)

  22. 小太郎さん、ぜひ体験談と写真お願いします。

    今年の夏は予算の無さからどこにも行けないので。悶々として過ごしますので。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)