世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

downloadishere

ヤンゴンのエンペラーでカレン族の女の子をテイクアウト

おっさんです。こんばんわ。

そろそろゴールデンウィークですね。例年ものすごく混みますよね。おっさんは去年のゴールデンウィークはタイとミャンマーに行きました。

タイのテルメカフェを例にすると、カフェの中では人と人の間隔が狭すぎて、横向いて歩かないと進めないときもあります。ソイカやナナも女の子の争奪戦で、早くいかないといい子はとられてしまうし、女の子もこの時期稼ぎ時ですからね、ショートで回そうとして短時間で処理されたりします。

一方で、ゴールデンウィークのミャンマーの混み具合ってどんな感じか知っていますか?タイみたいにものすごく混んでいると思いますか?

 

答えは・・・・違います。あまり混んでいません。タイのような争奪戦にはなりません。やはりまだまだ知られていないので、エンペラーでも席は普通に座れますし、女の子も選びたい放題です。いつもよりは混んでいますが、大したことはありません。おっさんがよくいく店なんかは日本人はほとんど行かないので、ゴールデンウィークでも日本人はおっさん以外いないという店もあります。

タイのとなりですからね。わずか1時間でいけますし、往復10000円くらいで行けます。高かったホテルも安くなってきたので是非是非ミャンマーに出かけて欲しいです。

 

それでは前回の続きです。

エンペラーの女の子は10代ロリだらけ!!オールナイトでわずか2500円!

沢山の女の子に囲まれたおっさん。困ってしまって黒服をよんだのでした。

黒服は英語や日本語ができる奴がチラホラいます。システムがわからなかったので聞いてみました。

おっさん:「いっぱい女の子いるけどどうしたらいいの?」

黒服:「好きな子を呼んで隣に座らせればいいですよ」

おっさん:「暗くて全く見えない」

黒服はおっさんのライトを借りると女の子に向けます。直接向けるのは気が引けたのですが、黒服はお構いなしです。

おっさん:「おお、見える見える。」

黒服:「ミスター選んでください。」

おっさん:「座らせたら金掛かるの?一人いくら?」

黒服:「お金はいりません。何人でも気に入った子を座らせても大丈夫です」

 

おっさん:「あ、そうなの?じゃあ、あの子とあの子とあの子←多いよw」

黒服は女の子を3人おっさんの席に座らせます。女の子は英語もしゃべれない子が多いので、つきっきりで黒服に全てを任します。

おっさん:「名前と年齢教えて」

黒服:「この子はYちゃんで1○さい、あの子はHちゃんで1○歳、あの子はYちゃんで1○歳」

おっさん:「ほうほう、なるほどいいね。みんな10代ね。ガラスの十代ね、ふひひ」←通じなかったw

女の子はおっさんの席に着きます。

Yちゃんが積極的におっさんの腕をつかみ、ずーーーっとマッサージをしてきます。

HちゃんとYちゃんは新人なのかこちらを笑顔で見ていますが、恥ずかしそうにしているだけです。

これですよ。これがミャンマーですよ。恥じらいというか、前に出てこない感じがいいんですよ。

おっさんは女の子の性格が悪くてあれダメこれダメと言われるのが大嫌いです。擦れきった女はノーセンキューの人間なので、ミャンマー人の穏やかな性格が非常に好みなのです。

Yちゃんはおっさんの腕をマッサージしてるわけですが、結局のところおっさんに選んでほしくてやっているわけですよね。でも、そのマッサージが本気なのです。ちょっとモミモミしただけで後は腕にしがみついてお願ーい!ってしがみ付けば、男なんてちょろいもんなんですが、そういうことをしないで、ずーーっとやってくれるのです。献身的な優しさが溢れているのです。

おっさんは優柔不断なので、結局10分以上悩んでYちゃんに決めました。選ばれなかった女の子はふてくされることもなく、またチップをよこせというわけでもなく去っていきます。しかし、おっさんは結局今いた女の子たち全員と関係を持つことになるのでした。それはまた先の話です。

今日はYちゃんと遊びます。2011年当時相場はオールナイトで30000チャット(3000円)でした。25000チャット(2500円)で交渉し、すぐにOKをもらいます。

黒服にチップを5000チャットあげて(もっと安くていいです。2000でok)、おっさんはタクシーでホテルに向かいました。

 

ホテルに着くと、Yちゃんは抱きついてきます。うーんちっこくてカワイイww

おっさんとYちゃんは指さし会話帳を使って会話します。オールナイトですからね。時間はいくらでもあります。ゆっくりいろんなことを聞いて遊びます。

Yちゃんはカレン族。ビルマ族が多い中、レア?です。こっそりカレン族だと言ってましたが、バレルとやばいんでしょうか?

 

途中でお腹が空いたので、お腹空いていないか聞いたところ、空いているというので食べに行こうとしますが、Yちゃんは出たくないと言います。ミャンマー女性は客と一緒にご飯を食べるのをいやがる子がほとんどです。

そのためおっさんがホテルのルームサービスを呼んで夜食を頼み、一緒に食べました。何だかよくわからない、とんかつカレーヌードルです。

5

 

 

食べ終わってセックスします。ミャンマー人は穏やかでセックスも穏やかな子が多いですが、この子は違いました。

おっさんのチンコをつかんで遊んだかと思うと、自発的にぺろぺろと舐めてきます。

さっき食べたカレーの成分でチリチリいたむw

今日は初日。おっさん、もう我慢できなーいww

一気に押し倒して胸を舐めまわし、あそこを舐めまわし、濡らした後は野獣のようにセックスしました。

 

そして、次の朝もう一発した後、Yちゃんは帰って行きました。朝食を誘うと、やはり拒否。

客と一緒に食べているのは恥ずかしいですからね。そういう恥じらいの気持ちがあるのが逆におっさんは素敵だと思いました。

最後に写真を撮ってバイバイです。

6
↓魅惑のミャンマーをもっと知りたい方は、カンボジア人をクリックお願いします!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

海外旅行(アジア) ブログランキングへ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから!

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top