世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

downloadishere

クアラルンプールのチャイナタウンの置屋で中国人に暴行される

おっさんです。こんばんわ。

ブギビンタンのホテルで朝を迎えました。

今日は帰国日。夕方の便で日本へ帰ります。

今日はチャイナタウンで飯を食べたり、チャイナタウンの置屋にいって見ようと思います。

KLセントラル近くの置屋は結構有名ですが、こっちはあまり有名じゃないそうですね。

chanatown1

 

てくてく歩いて、チャイナタウンまで来ました。

チャイナタウンというくせに、店員はインド人が多かったです。あとエロマッサージもありました。二階へあがってセクロスしてくださいよ!旦那って言ってくるインド人が3人いました。

今日はチャイナタウンの置屋に来たのです。当然エロマッサージには用はないです。

ここの置屋はKLセントラル以上の置屋で、さらにやばい!のだそうです。

何がやばいかって?

そりゃもう、ロリがうじゃうじゃ・・・ではなく、ババアがうじゃうじゃなのですww料金は20リンギットから。激安です。

この前アジアの置屋で1000円以下がほとんどないって書いてましたけど、よく考えたらここは600円くらいですねw

どんなレベルのクリーチャーが出てくるのか??

怖いもの見たさで来ましたが、はてさてどうなることやら・・・・。

chainaokiya0

チャイナタウンを過ぎて、南の方に行くと・・・・見つかりました。置屋です。

こんな感じで店番の親父が椅子に座っています。KLセントラルと全く同じスタイルです。二階に自由に上がってかまいません。勝手に入って、勝手に見て、気に入ればセクロス、いやなら次の店・・・ですね。

 

それでは店に入りましょう。

chinaokiya2

 

階段を上りきるころには、こんな感じでピンクのネオンが見えます。世界共通ですね。ふひひw

こっから写真は厳禁!イリーガルな風俗ですから仕方ないですね。

中に入ると、通路の両脇に小さな簡易部屋がいくつもあって、そこに女が一部屋に一人ずつ座って客を待ってます。

部屋の壁はベニヤ板みたいな安っぽい仕切りでできているので、隣の人のセクロス音は丸聞こえです。

20-30リンギットという格安風俗だけに色々と期待できません。

 

女をチェックしますが、たしかにとてもやれるレベルではないババアがほとんどです。

お金貰ってもやりたくないレベルですww

人種は中国人、マレー人、インド人とか様々ですが、まーーーきったない部屋です。

置屋レベルとしてはかなりの高レベルです。初心者にはまず無理でしょう。おっさんも正直やりたくないです。

いくつかチェックして周ると、意外や意外、君なんでここで働いてるの?といいたくなる結構きれいな子がわずかにいるのです。

インド系の美人だったんで交渉してみると、「30リンギットでフェラあり一発」という事なので決めました。

部屋に入り50リンギット払うと、「ちょっと待ってね」とボスにお金を渡しに行きました。

 

そして、ここから想定外の事件が始まります。

女が部屋に戻るとお釣りを持っていません。終わってからボスにもらうのかな?と思ってセクロスを開始。

まずはおっさんがベットに腰かけ、靴を脱ぎ、靴下も脱ごうとすると、女が靴下を脱ぐなと言ってきました。

靴下を脱ぐ本気セックスなんかするな。ちゃちゃっとやれ!という事らしいです。

こりゃまた擦れてますねw

内心、いやな女にあたったなと思いながらセクロスを開始しようとすると、女が急に「セックスはこの子とヤッテね」と隣の中国人の女を呼び出し、勝手に部屋に入れてきました。

おっさんは??となり、「なんで君と遊ぶっていうのに、他の女が出てくるの?」と聞くと、「いいからいいから、3人でセックスしましょう」と言い出しました。

君だけとセックスをしたいんだと断り、中国人を追い出すと、中国人がめちゃくちゃ怒り始めました。

怒りたいのはこっちなんですけどね。

インド人も怒り出し、だったら早くしてよねとおっさんを睨みつけながら嫌々ベットにもどります。

おっさんはココでプッチーン!!

「もういいわ、こんなところで遊ぶんじゃなかった」、そう思って出ていくことにしました。

ボスに「おつりの20リンギット早く返せ」というと、ボスが「お前は2人つけたから50リンギットだ!」と、相手にしてくれません。

ふざけてますね。日常的に日本人がカモられてるのかもしれません。

俺は一人しかつけていないし、そもそもセックスすらしてない。20リンギットでいいから金返せと言い返すと、実力行使で置屋から出そうとしてきました。

おっさんは体が重いので、中肉中背の中国人が頑張ったところで動きません。

置屋に留まりながら交渉し続けると、しぶしぶ20リンギット返金させることに成功。

こちらに落ち度はないのに、置屋の連中は怒っています。中国人の女はプラスチックのイスでおっさんの頭を殴りつけ、帰ろうとするおっさんめがけてさらに椅子を投げてきました。

置屋の外に出て、最後に大声で「ふざけんな!」と言ってやると、それが火種になったのか、中国人の店員が殴りつけてきました。

さらに、もう一人の中国人が鉄パイプで殴りかかってきました。

おっさんは右手でガードすると、「ゴンっ」という嫌な音がしました。見ると、右腕がパンパンに張れてしまっています。

喰らった時点でこれはちょっとヤバイなと思ったので、「警察に通報してやるからな!」と捨て台詞をのこし退散!

そこらへんにいた親切なインド人の助けで、すぐに警察に直行!

警察に今チャイナタウンで中国人に攻撃されて、腕がこんな風になってしまった、助けてほしいと伝えると、

「君、イリーガルな所だよわかってるの?」と、チクリと言われましたがw、「マレー人は外国人を助けないのか?」と、キレ気味に言うと、若い警察官が一緒に同行してくれることになりました。おっさんは実際セックスしてませんからね。強気でいられます。

置屋に戻ると、まさか本当に連れてくると思わなかったのか、ばつの悪そうな顔をしている店員たち。

あーだこーだと言い訳しているみたいでしたが、結局全額返金させることに成功。

警官にこういう事はよくあるのか?と聞くと、明言こそしませんでしたが、君がチャイナタウンから来たと行った時に、すぐに分かったと言っていたので、結構被害にあっている外人は多いと思いました。

その後、病院に行きレントゲンで骨をチェックしてもらいましたが、筋肉の破壊だけで骨には異常がなかったので一安心。

hospitalf

その日はまともに腕が上がりませんでしたが、帰国後、数日後には動くようになりました。

いやぁ~底辺置屋で頑張るもんじゃないですね。たかだが数十リンギットの話ですが、あいつらの外国人をなめきった態度が許せませんでした。

これで少しは外国人からぼったくろうとする奴がいなくなればいいんですけどね。

ま、でもこんな置屋には絶対行かないほうがいいですね。興味本位でいくことすら価値がなかったです。

おっさんもここには二度と行きません。皆さんも気を付けて下さいね!

 

次回からまたミャンマーの旅行記です。第二章の始まりです。おっさんのミャンマーオキニが登場します。

 

↓↓↓クリックしてもらえると、にほんブログ村ランクが上がります。よろしくお願いします。↓↓↓
skore

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 50 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. KLはやばいですよ。売春産業は全てマフィアが関与、経営していますから。HIVなどの性病も政府が公表していないだけで、世界でトップ10に入る筈です。マレーシアで元マフィアの友人が言っていた事ですから信憑性があります。彼らが遊ぶ時は絶対にマレーシアで遊ばずインドネシアとかタイに行くと言っていました。

    • マレーシアは東南アジアの中では進んだ国だと思ってましたが、何か闇がありそうですね。
      風俗禁止の国なので、マレー人は他の国に行くだけと思ってましたが、他にも理由があるという事ですか。
      なかなかにマレーシアは難しいですね。
      情報ありがとうございました。

  2. いつも愛読させていただいてます!
    氏の未開のエロスポット探究心には以前より感服しておりましたが、今回のブログ内容には感服を超えた賛辞が有り、コメントさせていただきました。
    当方も海外遊び好きでして、情報収集にこうしてネットを検索しているのですが、結局タイに行き着く方ばかりで東南アジア娘があまり好きでは無い当方はタイ記事は基本スルーなので、以前のキルギス編などは食い入るように読まさせて頂きました!(近場海外ばかりの当方には一生行けない土地ですけど…)
    当方の近況遊びは、先日釜山に行ってきまして、ワノルドン&海雲台の桶屋は勿論、釜山駅前通りでアジュマ呼び込みからの露娘と計2名対戦し、良い思いをしました!

    • お褒めの言葉有難うございます。
      泣き寝入りはしない性格なので、ちょっと頑張ってしまいました。
      まあでもこんなことはもう二度とゴメンですね。
      最終日だったからよかったものの、旅の初めなら目も当てられません。

      キルギスの記事よかったですか?書いてよかったです。
      今年もキルギスに行くので、新しい記事が書けると思います。
      楽しみにしていてください。
      釜山の記事も次のミャンマーの記事の後に書きますね。

  3. すばらしい
    たかが数百円と言う人もいるでしょうが、こういうのはしっかり主張してちゃんと返金させないと今後も相手は調子に乗って被害者が増える
    それにしてもやってなくてよかったですね
    無理からやってたら主張もできない

    • やってなくて正解でしたね。なんとか警察も動いてくれてよかったです。
      それにしても、華僑の対日感情はいい方だと思ってましたが、今一でしたね。
      マレーシア攻略は難しそうです。

  4. 偉いですね。普通なら置屋へ行った後ろめたさから泣き寝入りでしょう。いつもながらおっさん様の行動力には敬服いたします。マレーシアって華人の負の側面である陰湿さが前面に出ている国で好きになれないです。今回の事件はいかにもマレーシアって感じがします。

    • 行動力のみで生きております。泣き寝入りせずにいられて良かったです。
      今回の事件で、あれだけ老後はマレーシアがいい!っていうマスコミの情報は怪しいもんだなと思いましたね。
      警察に言いましたが、なかなか動いてくれませんでした。のんべんだらりと警察も仕事していまして、ちょっとムカつきました。
      置屋に戻った時、警察はてきり暴行の罪で連行するかと思いましたが、話だけで終わり。
      裏ではいろんな利害があるんでしょうね。マレーシアはまだまだ発展途上国ですね。

  5. 災難でしたね…。

    でも、災難の影に中国人あり(笑)

    どこに行っても中国人って、言ってることと中身が違う事多いですよね…。

    • インド人とマレー人は殴ってこなかったんですが、中国人は2人がかりで殴ってきました。
      交渉中は一対一で比較的おとなしかったですが、外に出ると仲間がやってきて攻撃されました。
      中国人は大勢いると強く出る習性があると思います。

  6. 私も以前、ベトナムの置屋で半暴行にあいました。若い兄ちゃん10対1で、しかもS◯X後だったため、2万円ほど取られてしまいました。

    トラブルに巻き込まれた時の対処法や、メモっておくべき連絡先(大使館?現地警察?)などを特集していただけるとありがたいです。

    • それは大変でしたね。10対1はきついです。
      東南アジアの人は怒ると複数対1を当たり前のようにやってくるので恐ろしいですね。
      トラブルに巻き込まれた時の対処法もたしかに載せるのもいいですね。
      参考にさせていただきます!

  7. ヤンゴンの商品を購入しようとしたのですが、PayPalでの決済しか行っていないのでしょうか?

    私はPayPalのアカウントが停止されているため(クレジットカードの停止)購入できません。

    銀行振り込みにも対応していただけないでしょうか?

    • 銀行振り込みはシステムを組み込むのがちょっと難しいのです。
      いつになるかはわかりませんが、システムの勉強をして、組み込みたいと思っています。

      なお決済ですが、購入画面からペイパルの画面に飛ぶときに、ペイパルのアカウントの作成表示の時と
      単なるクレジットカード決済のとき(ペイパルのアカウントを作らなくてよい)の二種類があります。
      現状のペイパルの仕組み上、2種類の画面が用意されています。
      これはランダムで、ペイパル口座を作らないといけない表示がされたら、もう一度購入画面にもどり
      クレジットのみで決済ができる表示がされるまでチャレンジしていただければ、普通にクレジットで決済できます。
      お試しいただきたく思います。よろしくお願いします。

  8. ここでやろうとした、おっさん殿はすげえ。
    私も昨年冷やかしたけど、ムチャばっちい所でしたよ。

    それにしても、やってますなぁ。ファイト!

    • そうなんです。めちゃくちゃバッチイ所なんです。
      置屋とみると、とりあえず入ってしまうのです。
      でももうマレーシアの置屋はいいです。
      普通のお店の方が楽しめますね。

  9. ブキビンタン辺りの土地は中華系マフィアの土地で、その近辺のマッサージ置屋、アパート置屋、KTV置屋は全て中華系マフィアの管轄、警察への上納金も相当払っているはずです。友人はその元マフィアです。イスラムの国で売春が平然と行われているのはおかしいでしょう、この辺りは警察は手入れに来ません。行かれたチャイナタウンも別の中華系マフィアの経営だとおもいますよ。だから警察も動かない。フィリピンのように殺される事は無いと思いますが、東南アジアは自分の身は自分で守るというのが基本です。

    • マフィア経営ってどこかで聞いた覚えがあります。本当にそうなんですね。
      普通にしている分には危険を感じるような感じではありませんでしたが、もう二度と行くつもりはないですね。
      自分の身は自分で守るというのは、まったくもってその通り。
      情報提供ありがとうございました。またマレーシアの事を教えてください。

  10. おっさんのようにら海外で風俗遊びをしてみたいとおもっている者です!
    いつも楽しく拝見させてもらっています!

    おっさんは肝がすわっててカッコ良いですね!お身体は大事にしてもらって、また楽しい記事をよろしくお願いします!!

    • とんでもないです。ただのデブですよ。デブなのであまり動かないだけです。
      友人にはお前ピノみたいな体形してるなって言われてますからね。
      太り過ぎですし、体は大事にしていないので、今後は体を大事にして頑張りたいと思います。
      コメントありがとうございました。

  11. なんどもすみません。決済について問い合わせしている者です。

    やはり、PayPalにログインしないでクレジットカードの決済でもpaypal.com経由の支払いしかできないようで、決済できませんでした。

    おっさん様が個人の銀行口座番号や法人口座の番号を表示するので難でなければ、また、ヤフオクなどで出品していただければ銀行振込できるのですが・・

    何とか購入したいのですが、PayPal経由での支払いは難しいようです。

    • クレジットカードが有効であれば、通常の通販と同じでクレジット決済が可能です。
      paypal.com経由でクレジット決済ができる仕様になっています。
      皆様同様の購入方法で、難しい処理はないはずなのですが。。。どうなっているのでしょうか?
      今のところ、ペイパル決済(クレジット決)以外の決済方法は導入しておりません。
      申し訳ありませんが、今一度クレジット決済にチャレンジしていただきたく思います。
      それでもダメな場合、メールアドレスを記載していただきコメントをお願いします。
      具体的なアドバイスができるかもしれません。

  12. しかし超悪質ですね、しかも暴行を加えるとは。
    障害で罰則はないんでしょうか。
    しかし中国人は最悪ですね。
    この置屋相当客が来ないんでしょうね。

    私も香港の141で過夜の手付金を200HK$払った後に深夜両替するのが面倒に
    なったので再び小姐の部屋へ行き「キャンセルするから返して」と言いまし
    たが断固として手付金を返してくれませんでした。
    頭にきたので強引に部屋へ入り金を探したら警察を呼ばれました。
    警察は100%小姐の肩を持つし味方なんですよね。
    いくら警察に返金の話をしても取り合ってくれない所か
    警察4~5人に怒号や罵声を散々浴びせられました。
    完全にこっちが悪者です。
    KLはまだ金を返してくれるだけマシですよ。
    タイなんかも比較的返してくれるんですけど中国や香港は一度
    払ったら金は絶対戻りませんね。
    最後に「This is hongkon rule」と言われて開放されました。
    中国人の金に対する執着は異常というか度を越してます。

    • 中国人は一度渡したら返金むずかしいですね。
      日本人は外国人には、外国人専用の態度を用意したほうがいいかもしれません。
      日本人の間の感覚、道徳を適用すると、外人には都合のよい客になってしまいます。
      外国人を守ってくれる国は少ないです。タイでも同じでしたね。警察は売春婦を守りますからね。
      日本は外国人に金をばらまく国ですから、外人にとっては甘っちょろい民族に見えるのでしょうか。

  13. まずはご無事で何よりです。

    マレーシアに限らずこういう危険情報はかなり助かります。
    これからも期待してます!

    • コメントありがとうございます。
      危険情報をのせてよかったです。皆さんのコメントが多く正直驚いています。
      エロ記事よりもアクセスがあります。
      思っていた以上に泣き寝入りする日本人の被害が多いという事でしょう。

  14. おっさんさん
    おっさんさんが、危ない目に会ったのを読んではらはらしています。

    プノンペンを「外道の細道」の外道紘さんを案内したことがありましたが、その後亡くなってしまいました。外道の細道は更新されることがなくなってしまいました。淋しいです。ここは、久しぶりに夢中になって読めるサイトです。ファンのためにもご自愛ください。

    このブログは、まだ小さいですが(失礼!)何か大きく育っていく予感がします。勢いがあります。おっさんさんの存在が必要であり大きいと思います。

    閲覧者が増えてきたようですね。掲示板のようなものを設けて、閲覧者の皆さんの体験を募ったらいかがでしょう。

    ヤンゴンの夜遊びにも興味あります。ただ最近ラオス(ビエンチャンの)のハンノイ(置屋居酒屋)遊びに目覚めたところです。ラオスの娘も可愛いですよね。おっさんさんの記事を読むと、ヤンゴンはホテルも高いしSやLの料金もあまり変わらないように思いますが、マップを作るなどおっさんさんの情熱のエネルギーの源泉は何なのでしょうか?

    昔ネット上で注目されたタチレクと同じような魅力があるのでしょうか?ちなみにタチレクは1回だけしか行ったことありません。夜遊びは、無しです。

    • お褒めの言葉有難うございます。
      まだまだ当ブログは小さなサイトで成長途中です。こうやってコメントをいただけて成長の活力になっています。
      このまま、どんどん大きなサイトに成長していければと思っています。

      掲示板もそうですが、いろんな機能を盛り込もうと思っています。いずれ挑戦してみたいです。
      管理が難しいと思うので、一時的な機能になるかも知れませんが将来的にはもっと機能を増やすつもりです。

      ヤンゴン夜遊びに興味をもっていただいて有難うございます。
      ヤンゴンは単純に人が良いことと、純朴な女の子が多いことがメリットだと思います。
      自信を持って言います。これは間違いないですね。
      そういったミャンマーの良さが私を駆り立てたのだと思います。
      タチレクに行ったことのある方でも意外にもヤンゴンは行かれていない人が多いみたいです。
      まったくタチレクとは雰囲気が違います。ずっとヤンゴンの方がいいです。
      とくに今のタチレクは行く価値が薄れていますので、そういう意味でもヤンゴンへの渡航をお勧めしますね。

  15. いつも楽しく拝見いたしております。

    私は東南アジアの国境フリーク派で10年が経ちましたが、おっさんが暴力を振るわれた事で、参考になればと思い、今回コメントをさせて頂く事に致しました。

    置屋や置屋に待機室しかなく近くの連込み宿で別料金を支払って遊ぶ場合、共通して自衛しなければならない事があります。これは絶対のルールです。覚えて実行されるのが身の為だと思います。

    置屋の主人または女に直接払う場合、ショートで800バーツと言われれば、まずピッタリの金を払わなければなりません。1000バーツ払うと、釣りがないと言われたり、後で釣りを払うと言われて、コワオモテが出てくることがありトラブルのもとになる事が往々にあります。これを聞かれると、なるほど今後はピッタリの金を用意すればいいんだなとお考えになるかもしれません。しかし、それでもトラブルを誘発する可能性があります。ここで考えて下さい。どのようなトラブルかご想像できますでしょうか。ここで考えて下さい。

    お答えは、800バーツを一度に渡してはならないという事です。彼らはそれを受け取ってポケットに入れて、後100バーツだ!700バーツしかないと文句を言ってくる事があるからです。その為、ピッタリの金を100バーツ一枚一枚、合計額を言いながら、相手に見せて手渡しにするか、テーブルに並べるのが、最も安全なお金の渡し方です。

    もちろん、置屋に顔が利いていたり、置屋主人と顔なじみになり、ごまかされるようなことがなくなると、ここまで自衛をする必要はありません。

    めんどくさい金の渡し方ですが、初めての置屋では、金の渡し方一つでも、気を抜いてはダメなのです。ご参考になれば幸いです。

    • ためになるお話有難うございます。
      全部経験がありますね。やはりみなさん同じような経験をされてますね。
      やはり日本人の感覚のままいくと痛い目にあいます。
      自衛の方法は知っておかないとおっさんみたいになりますからねw
      このコメントで揉めることなくすむ方がきっといると思います。
      コメント有難うございました。

  16. おっさん様はじめまして。
    いつも記事楽しみにしてます。
    強気でクレームを言えるおっさん様の勇気、語学力に脱帽です。

    ミャンマー行きたいとおもっているので、記事ワクワクして待っています。

    • コメントありがとうございます。
      勇気と行動力はあるのですが、語学力はないですよ。
      中学2年生レベルです。勢いでどうとでもなるもんですよ。
      鉄パイプで殴られたことを説明するとき、iron Stickっていうくらいですからw
      ミャンマー記事今日の分を書きましたので、見てやってください。

  17. ネパールの置屋に行った時のこと。
    詳しく書いたらこのブログが閉鎖するかもしれぬ子と上がってやろうとした最中、
    下から、ポリス!との声と、早く服を着て降りて来いとの別の女の声。
    あわてて、服来て女の子と下に降りると、早く帰れとのこと。
    ??何もしていないから金を返して欲しいと言うと、ヘラヘラ笑って、帰れ!のしぐさ。
    これはこの女たち、店のやり方だなと頭にきたので絶対取り返してやろうと思い、ボスを呼ばせて最後には返金させました。
    骨は折れたし、時間も掛かったけどね。
    で、外出ると、、、本当にポリスのバンと見回りが歩いていました。
    ウァ(汗)、(大汗)

    • ネパール人は人がいいですね。日本語ペラペラのやつがカトマンズに結構いて
      1週間ほどダラダラした覚えがあります。
      ポリスにつかまらず良かったですね。
      久しぶりに行きたくなりました。

  18. Kさんのいう通りピッタリは大事ですよね。
    釣りが100Bの場合でもずうずうしくチップ
    とか言ってくるし。
    0の多いチャットやキープなんかはごまかされやすい。

    • 全くその通りですね。こちらが彼らの思考を先読みしないとやられてしまいます。
      ベトナムドンは桁が大きく、悩んだりします。

  19. このケースでもやはり日本人1人だからなめて
    襲い掛かってくるんですよね。
    多勢に無勢というか。

    仮にプロレスの真壁と蝶野のような強面で尚且つ身長190近くのボブサップの
    のような体の2~3人組だったら絶対来ないと思います。

    • ごもっとも。
      数が多いと強気になるし、相手がでかいと弱気になる。
      こういう特性は誰でもありますが、一部の東南アジアの人は
      特にそういう傾向があると思います。自衛がいると思いました。

  20. はじめまして そんな危険な置屋があるのですね 私は東南アジアの怪しい置屋がだいすきなのですが 12歳ぐらいの置屋があるとこしりませんか?

    • パキスタンにあるって旅人が言っていました。
      ただし危険すぎて行けば死ぬ可能性があるそうです。
      死ぬ覚悟がある選ばれしロリコンが行くのだそうです。
      現地の報告待ってます。

  21. 凄いカッコいいですね!

    私には絶対無理ですw
    なんか読んでてスカっとしました♪

  22. KLは行ったことないんですよね~仕事で20日間くらいペナンにいましたが。
    マレーシアはカジノくらいで女の子との遊びは考えられないなぁ。
    顔面レベルが低いのでwwww

    最近治安も悪いですしね。ジョホールバルあたりは行きますか?

    • マレーシアも面白い所があるそうですよ。
      おっさんは通るばかりでほとんど知らないですけどね。
      KULばかりです。

  23. あじあの絵露利須都

    おっさん様 はじめまして。

    数か月ほど前に当ブログを発見して以来いつも楽しみながら読んでいます。さてBukit Bintang地区を含むクアラルンプールの風俗ですがすべてマフィアが牛耳っています。複数のマフィアが関与しており、一グループにつき尾根遺産15人ほどで毎月3万ドルの売り上げがあるそうで そのうち最低10パーセントが警察に上納されているようです。このことについては2年ほど前にカタールのテレビ局Aljazeera Englishの101EASTというドキュメンタリー番組で取り上げられていました。Youtubeで”101 East-Malaysia’s gang menace” を検索すればみることができます。25分の動画で開始約5分のところでBukit Bintangのたちんぼが映るシーンで上記のことをとりあげています。
    マレーシアはイギリスから独立して以降60年近くBarisan Nasionalという連立与党が政権に君臨していて裏にまわれば腐敗は相当なものでしょう。
    ですからおっさん様のようにトラブルになった際お巡りさんを呼んでも「暴行罪で連行する」ということはまずないでしょう.

    ところでマレーシア・ボルネオ島の北に浮かぶ免税の島Labuan島にバーが多数あり、わりとかわいいフィリピーナを連れ出してS*Xすることができます。4年前に150リンギットでした。

    長文大変失礼いたしました。

    • あの時の警察の態度は取り締まる気がなかったですからね。
      マフィアがかなり風俗経営にかかわっているとは聞きましたが、そんなシステムがあったんですね。
      国民の態度といい、政府といいマレーシアは好きではないので、腐っているんだろうなと思っていましたけどやっぱりそうだったんですねw

      ボルネオの北の島まで行かれるとはよほどのお金持ちですね。租税回避地を利用するなんて私には一生関係ないお話です。
      そういう身分になってみたいですけどねw
      フィリピーナとそんな安く遊べるなんてマレーシアも捨てたものではないのかもw

      • あじあの絵露利須都

        ちなみに私はお金持ちではありません。たまたまブルネイに安く行こうとしてエアアジアのプロモーションチケットでラブアン島まで飛びそこから国際ボートでブルネイに行く途中に寄っただけです。税金逃れのためではなく、酒税の高いマレーシアで缶ビール1本1リンギットで飲めるので欧米人バックパッカーもよく見かけました。 コタキナバルからもボートが出ています。

        • そういうところって何か面白そうですね。特殊な所には面白いものが集まってくるイメージがあります。
          フィリピーナもそこにいるとのことですが、ベトナム人とかもいたらいいんですけどね。
          いつかいってみたくなりました。

  24. 始めまして。
    楽しく読ませてもらっています。

    先月初めてクアラルンプールに行ってきました。
    KLセントラルの置屋は完全に廃業していましたので、このチャイナタウンの置屋に興味本位で行ってみました。

    日本人好みの子は全くいませんでしたが、ものは試しでアピールが1番すごかった若いインド系の女の子の部屋に入りました。
    40リンギッドだったと思います。
    この子はお釣りをくれました。そのままチップと言って返してあげましたけど。

    かなり汚いベッドで水道が一つあってホースからでる水で女がまん○を洗っていました。
    僕の中でもワースト1の汚い置屋でしたねw

    話のネタにやってみましたw

    • あそこの置屋も相当汚いですね。そして私はあんな汚いところで鉄の棒でぶん殴られていますからね。

      本当にワーストですよ、あそこはw

コメントはこちらから!

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top