世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

downloadishere

クアラルンプールからラオスのヴァンヴィエンへと向かう

おっさんです。こんにちわ。

早朝、クアラルンプール空港のラウンジで朝食を食べました。

plaza

3か月くらい前にこのKLIA2を利用した時は使えなかったラウンジが使えるようになっていました。

規模は小さいし、内容もだめですね。前のLCCのラウンジのほうがよかったですね。

plaza2

ヴィエンチャン空港に到着し、本当はこのままホテルに行こうかと思いましたが、急にヴァンヴィエンに行くことにしました。

北バスターミナルまでトゥクトゥクを走らせ(150B)、ヴァンヴィエン行のチケットを買いました。(40000キップ)

busstation

 

バスは3時間半でヴァンヴィエンに到着。

一応リストアップしておいた宿に直接入りました。

agodaでの評価がかなり高かったので決めたのですが、ヴァンヴィエン中心まで遠すぎました。

歩いて飯屋のあるゾーンまで行くと、けっこう疲れます。自転車を借りて移動することにしました。

去年来たこともある飯屋に入り、ボロネーズを注文。25000キップ(100B/300円)という安さは変わっておりません。しかし、去年はついたドリンク1杯無料はやっていませんでした。ガーン!!しかたなく、普通にドリンクを注文(7000キップ)

mesiya2

mesiya3

 

うん!うまい。ヴァンヴィエンはファランが多く、洋食とラオス料理の両方が手ごろな価格で楽しめます。長期滞在する人が多いのも頷けます。

あいにくの雨でブルーラグーンに行きたかったのですが、断念して部屋に戻り夜になるのを待ちしました。

そして夜になり・・・・ヴァンヴィエンの置屋へとおっさんは向かったのでした。

 

つづく

 

↓↓↓クリック是非よろしくお願いします。↓↓↓
skore

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちらから!

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top