世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

downloadishere

ビシュケクからアルマトイに戻り、空港から日本へ帰る。

 

おっさんです。こんにちわ。

今日は日本に帰ります。

アルマトイ発の飛行機は23時10分なので比較的ゆっくりできます。

キルギスに来た時と異なりアルマトイに前泊する必要はありません。

ゆっくりと過ごし、15時にアルマトイ行きのバンに乗りました(おっせーーw)

arumathi

ゲストハウスで一緒にいた人たちはまだ帰らないの?と思っていたに違いないですが、23時10分発ですからね、余裕でしょう。

15時に出たバンは国境まで1時間弱で到着。国境で手続きをして、30分後にはカザフスタンに入りました。

カザフスタンに入るためのビザは日本で「ダブル」で取っておいたので、ビシュケクでもう一回取る必要はありません。

日本で取るとき、シングル、ダブル、トリプル、マルチが選べますが、トリプルまでは普通に取れると大使館の人が言ってました。(しかも無料です)

カザフスタン国境を出てしばし待っていると、乗ってきたバンが国境のチェックを終えておっさん達が待つところまで来たので、それに乗ってアルマトイまで戻ります。

途中、行きの時に寄った休憩所に立ち寄ります。

kyuukei1

おおお!ついに戻ったぜ!この休憩所。行きのときはアイスを食べてたのに、食いかけで捨てることになりましたが、今回は違うで!!

同じアイスをまた買いました。

kyuukei2

うん、うまい!!今回ばかりは全部食べ切りました。行きの屈辱を晴らすおっさん。やったねw

 

arumathinituita

そしてついに、アルマトイの国際バスターミナルまで戻ってきました。

5時間かかって20時につきました。出発の23時まで3時間あります。チェックインを考えても余裕です。

おっさんは空港に2時間前に行く人間ではなないので、「余裕」です。今から置屋探そうか?くらいの気分です。

行きと全く同じ方法で市内まで戻ろうとしましたが、あれ?路面電車やってないぞ。

じゃ、バスで戻ろうかな?と思ったけど、どのバスが市内まで戻るか分からない。あれ?やばくね?

仕方ない、タクシーで空港まで一気にいっちゃおう!

と財布の中を見るとカザフスタンテンゲがほとんどありません。これではタクシー代が払えない!

そうだった!帰りは安い「路面電車」と「空港バス」を乗り継いで空港まで戻るつもりだったので、カザフスタンテンゲを少ししか持たなかったのです。

これはやばい!!猛烈にやばい!!

すぐさま近くのキャッシングできるATMを探すと・・・・見つかりました!!

よし、これで帰れる。しかし!!・・・キャッシングを試みるも・・・なぜかキャッシングできない。なんでやねん!!

どうしよう!今持っているテンゲだけでは、タクシーには乗れません。市内についても空港バスがやってない恐れもあるので、最悪タクシーを使わざるを得ないかもしれません。そのためにテンゲをたくさん入手したいのに、それができない。

どうしよう!!!!時間だけが過ぎていき、相当に焦ります。

しかし、焦っていても仕方ありません。ここは冷静にならなくては・・・。

まず市内に戻るころが先決だ!と思ったおっさんは、運よく英語の話せる人がいて、その人に教えてもらったバスで空港バス乗り場まで向かいました。

ラッキーでした。助かった!!

そしてしばらく待っていると、空港バスがやって来たのでそれに乗って空港へ向かいました。

 

結果として空港までは30分くらいで着いたので、チェックインは大丈夫でした。1時間ちょっと前にギリギリ間に合いました。最初からタクシーのればこんなにあせる必要はなかったですがね。全部バスだったので300円くらいで空港まで戻ってこれたので、良しとします。

 

hikouki1

 

飛行機に乗り込み、あとはもう寝て韓国へ向かいます。さすがに疲れていたので、簡単な機内食を食べたらぐっすり寝ておりまして、気づいたら韓国に到着していました。

kannkokutouchaku

そして、韓国のラウンジで時間をつぶしたのち、日本への飛行機に乗り換え、無事帰国しました。

これで中央アジア「キルギス」への旅はおしまいです。とても楽しかったので、今年も行く予定です。またサウナと置屋を攻略してきます。楽しみです。

 

次回からは・・・・インドネシア?ラオス?韓国?中国?ミャンマー?フィリピン?優柔不断なんでまだ決めてませんw

次回にご期待ください!

 

ブログランキングに加入しています。クリック頂けると、おっさんの更新頻度が上がります。

↓↓↓クリック是非よろしくお願いします。↓↓↓
skore

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 28 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. キルギス行ってみたくなりました。自分は今年の夏初めてインドネシアのバタムに行くので是非インドネシアお願いします。タイには何回も
    行っているのですがインドネシアは昔一回行ってただけでしかも健全な旅行だったのでよかったら色々ご教示ください。

    • 7/27までは、ラマダーンですので、8月以降にインドネシアは行ってくださいね。バタムも行きましたので、知っていますが、正直ジャカルタの方がいいと思いますよ。
      バタムはブスばかりですね。まれに美人がいても150万ルピアとか吹っかけてきます。

  2. そうなんですか。150だとタイよりも高いですね。ジャカルタは治安が悪そうだしアクセスもバタムだったらフェリーで近いのでかんがえていたのですがまだ航空券だけなので考えてみますがたぶんバタムに行くと思います。タイに飽きてきたので他も行ってみたくてLCCで色々回ってきます。

    • 頑張ってくださいね。バタムの現状を見てきてください。良い子もいるはずですからね。ジャカルタは治安悪イメージがありますが、普通にしている分には全く問題ないです。
      バタムはシンガポールから行きやすいのですが、フェリー代が思いのほか取られます。場合によってはジャカルタから飛行機で行く方がいいかも知れません。
      たしか、バタムからインドネシアにはいると、ジャカルタとか他には移動できなかったはずです。

  3. 初めまして、通りすがりのものです。
    私も、おととしキルギスに行きました。
    ossannさんの探し当てたAちゃんがいる置屋に行きました。
    私は地元のタクシー運転手が連れて行ってくれました。
    この置屋は車の通りに面しているものの、普通の民家にしか見えないので、探し当てるのは困難だと思いますが、よくぞ発見されました。
    また、ディスコが面白いようですが、残念ながら、全く知りませんでした。
    また、情報がありましたら、ぜひUPしてください。

    • この置屋は摘発されずに一昨年から生き残っているんですね。そう思うとすごいことです。
      読者様によると、おっさんのブログに乗っている他の置屋は摘発されたようです。
      置屋は必ず復活するのが世の常ですので、たとえつぶされてもまた見つけてやります。
      キルギス編は今日で終わりましたが、実は他にもいろいろ行きましたし、寒くなる前に行く予定ですので新しい情報を仕入れてきます。

    • タクシー運転手はAちゃんがいる置屋の通りをさらに奥に行ったところにある置屋にも連れて行ってくれました。
      それも摘発されたのか?それともまだ営業しているのか?
      機会があれば、再度キルギスに行ってみたいものです。

      • 通りの奥というのは北という意味ですか?それとも通り沿いを東西どちらかに入るのでしょうか?
        きっとたくさん置屋はあるんでしょうが、なかなか見つからないので苦労します。
        キルギスの置屋は見つければ1000円で白人と遊べる場所をみつけることになるんで、重要性が高いですよね。
        今年行くときに、まだ残っていてほしいです。

      • 言葉足らずで申し訳ありません。通りを北にかなり行ったところに案内されました。(車で5~6分)しかし、もう一度行ってみろと言われても、行くことはできないですね。
        あと、書いていて思い出しましたが、ossannさんの行かれた置屋から北に少し行って、左の住宅街にもタクシーは入りました。そこで、運転手が地元の人(それとも元締め?)に聞いたのですが、置屋がなかったようで、そこでは、何にもありませんでした。
        全く役立たない情報で失礼しました。

        • いえいえ、十分な情報です。ありがとうございます。その情報だけでも置屋は複数あるんだということがわかります。
          寒くならないうちに行って、もう数個見つけてみたいですね。頑張ります。
          また何か思い出されたら、教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

  4. キルギスの情報大変参考になりました。

    カザフのビザについて調べていましたら、7月15日から
    日本人に対してビザ免除になることがわかりました。
    もともと無料でしたが取得手続きがいらないのは便利ですよね。

    それと、UA特典でビシュケクまで北京・ウランバートル経由の
    ルートがありました。ウランバートル-ビシュケクはトルコ航空です。
    Yで往復7万マイルなのであまりお得感はないです。

    • 情報を頂いて、立った今調べましたところ、本当にビザ不要になっているみたいですね。
      有難うございます。秋に行こうと思っていたので8月に入ったらビザを申請しようと思っていたところです。
      めんどくさい作業ががなくなってラッキーです。ありがとうございました!
      なおANAのマイルを使えば38000マイルでビシュケクにいけます。おっしゃる様なウランバートル経由の方法です。
      ただしこちらはサーチャージがかかりますので、結構高いかもしれませんね。

      • ビザ情報お役に立ててよかったです。

        ANAは距離制の特典ですね。東京からですと7,000マイルを超えそう
        なので43,000必要なようです。時間があればモンゴルや中国にも
        立ち寄れ、国内もトランジットで4セクター使えるので、面白そうな
        ルートが出来るかもしれません。

        • そうですね。ANAのマイルは使い方次第でかなりお得ルートがありますからね。
          単純往復に使うのはもったいないです。このルートだとモンゴルも行けるのは大きいです。
          東京からだと帰りは福岡か、大阪あたりに設定すれば38000で行けますね。そしてLCCで東京に帰るのも手かもしれません。
          帰りが名古屋までだとちょうど7000マイルなのですが、名古屋から東京へはLCCがないですからね。やはり福岡、大阪がベストかなと思います。

          • 名古屋-東京ですと通常は新幹線、安くあげるなら
            高速バスだと思います。

            北京-ウランバートル、ウランバートル-ビシュケク
            は共にデイリーではなく、席も限られているので接続
            させるのはなかなか面倒ですね。

            いっその事UA特典でヨーロッパ経由で南米に行き、復路
            でビシュケクにストップオーバーした方が面白いかと思
            い始めました。コロンビアならYで9万、Cで17万ですし。
            ルート的には大して遠回りになっていないので、多分大
            丈夫かと思います。

          • 時間が取れないと、ウランバートル経由は難しいですね。モンゴル行ってみたい人にはいいですが、風俗情報があまりないのと、治安が良くないと聞いたので、そのルートは今のことろ使っていません。

            UA特典でヨーロッパ経由南米でキルギスにも行くのはいいですね。UAはANA以上に経路が弄れるので好きですが、必要マイル数が上がってしまって使いづらくなりました。

  5. 「通りを北にかなり行ったところに案内されました。(車で5~6分)しかし、もう一度行ってみろと言われても、行くことはできないですね。」

    ここは地元では有名な場所です。以前は、300ソムで一時間。
    昼過ぎからロシア女性約5人、キルギス女性約5人、タタール女性、
    チェチェン女性、トルコ女性等がいました。
    印象的だったのは、金髪の小柄なロシア人のヴィクトリア。
    今のサウナで2000ソム払ってようやくくるようなレベルでした。
    現在は警察を恐れてこの置屋街には女性は基本的にはいません。

    • 置屋街って結構あるんですね。キルギスの物価水準から考えても、サウナだと頻繁にには遊べないでしょうから
      置屋は複数ないと現地の人も困ると思います。もうなくなったとの事ですが、人種のるつぼですね。
      他のアジアじゃ味わえないですよ。600円で金髪選び放題!!

  6. 「あと、書いていて思い出しましたが、ossannさんの行かれた置屋から北に少し行って、左の住宅街にもタクシーは入りました。」

    恐らく旧名レングラード通りだと思われます。
    この辺りは、いくつかサウナがあります。

    • サウナもいいですが、ディスコの女はどうですか?おっさんは攻略できずにいましたが、アルゼンチン人はたぶん攻略していたはずです。
      値段も結局いくらだったんでしょうかね。相場はご存じですか?

  7. 「ossannさんの探し当てたAちゃんがいる置屋に行きました。」

    ここを管理している女性によると、やはり警察の
    手が入り、今は夜の10時過ぎからの営業となっています。
    一発の料金は今はなく、一時間以上になっています。
    一時間は1200ソムです。以前いた女性の多くは「御用」になりました。
    現在はここに女性はいません。女性たちは街のある場所で路上や車の中で
    待機しています。そこからこちらの置屋へ車で移動します。 
    ロシア人のユーリャ、カーチャ、カリーナ。ウズベク人、カザフ人、
    キルギス人がいます。
    ちなみに、警察の手が入ることをロシア語でリシェーニヤと地元の人は
    言います。

    • Aちゃんも御用だったらショックです。今度写真を印刷して持っていく予定だったのです。
      1200ソムでもいいのでまた入りたいです。車の中にいてとはいうのは面倒ですね。
      ミャンマーやインドネシア、中国でも見たことありますけど、車の中にいるせいで女の子の機嫌が悪いんですよね。

  8. オッシュバザール近くの置屋は300~400ソムでほとんどが
    キルギス人ですが少数のロシア人もいるときはいます。

  9. 「サウナもいいですが、ディスコの女はどうですか?おっさんは攻略できずにいましたが、アルゼンチン人はたぶん攻略していたはずです。
    値段も結局いくらだったんでしょうかね。相場はご存じですか?」

    恐らく、行かれたクラブはプロムゾンとツェッペリンだと思われますが、
    もう一つロシア人がメインの所があります。
    以前に、このクラブから出て外を歩いていたら、ロシア女性二人組から
    声がかかりそのうちの一人と約500ソムで一時間遊びました。
    その二人組もそのクラブにいた女性たちです。
    ちなみに、ここで以前に客の男性たち五人ぐらいが裸になって、
    男性器を振って踊っていました。

    • ロシア人メインの所楽しそうですね。ディスコは攻略が難しそうですが、今度必ず行ってきます。
      楽しみです。差支えなければディスコの名前教えてください。

  10. はじめまして。
    パタヤに住んでいます。
    ビシュケク面白そうですね。
    次回はいつ頃行かれる予定ですか?
    ご一緒してみたいです。

    • ビシュケクはなかなか面白いところですよ。
      次回はまだ未定です。

      今度行くときは私は仲間と行くことになると思いますが、あらたに誰かを募ることは今のところ考えておりません。
      あしからず

コメントはこちらから!

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top