世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

ウルムチの風俗 置屋ホテルと立ちんぼ置屋を探し出す

おっさんです、こんにちわ。

2014年カシュガル、ウルムチの旅行記の続きです。

 

ウルムチにはウイグル人がたくさん住んでいます。

ウイグル人街が形成されている二道橋付近は、以前とは異なり、古くからあったウイグル人の町並みはすでになくなってしまっています。

ウルムチはすでに中国人に支配されているんですね。

本当に一部を除き、普通の中国の大都会の町並みです。

ウイグルならではの建築や、イスラム感など全くなく、あまり面白い町ではありません。

 

それでも一応ウイグルを感じようと思い、おっさんはウイグル人街のある二道橋まで行ってきました。

 

ウルムチの観光名所 ウイグル人街 二道橋

urumuchikannkou

二道橋市場です。若干のイスラム感がありますが、中身はただの中国製品が売っているマーケット。行く価値なしですが、観光名所ということで、みんな写真を撮っています。おっさんも撮りながら、こんな建物がメインスポットの一つかよ!!と突っ込まざるを得ませんでした。

そして、すぐそばにある第二の観光スポットにも行ってきました。

 

ウルムチの観光名所 国際大バザール(国際大巴扎)です。

urumuchikankou2

こちらはイスラム建築でそれっぽいですが、結局はなんちゃってイスラムなんだそうです。となりにカルフールとか入っていたりして興ざめです。

建物はイスラムっぽいですが、中身はやはり普通の中国。何も面白くありません。

中国人は外国の文化を大事にするとか、あるわけないですよねwまさに形だけ。(そもそも自国の文化も大事にしませんがw)

 

あまりにもつまらないので、何も買わず、何もせず建物を去るおっさん。

 

uigurujinngai

ホテルまで帰る道すがら、大通りではなく脇道を入っていくと、なんだかウイグル人が異常に多い地域を発見。

この地域だけキルギスやカシュガルみたいです。

案の定、ラグマンや例のスイカ切り売りとかジュース販売などをしていました。

ラグマンを食べ、スイカを買って楽しみましたが、周りに中国人皆無の中、おっさんはきっと中国人だと思われていたのでしょう。

スイカがうまかったので、丸ごと一個買ってみたところ、ぼったくられるというw

ううう、ウイグル人もなかなかいい性格してますねw

 

ウルムチの置屋探し 第二弾 立ちんぼ置屋とホテル置屋

夜になり、今日も置屋さがし。

自分で歩いて探すのは不可能と前回で判断したので、今日もタクシーを捕まえ探してもらいました。

 

運ちゃんが連れて行ってくれたのはこちらのホテル。

yulinhotel紅山公園の北を走る西虹路沿いにあります。具体的には紅山公園北東です。

 

ここに泊まるのであれば、女を呼んでくれるというホテル置屋なのですが、おっさんはすでにホテルがありますから、断念。

ちなみに女は一発150元、オールナイトで500元と言ってました。

高いので話になりませんね。

 

つぎにそのホテルからすぐそば、東に200m、北に200mいったところに新たなる置屋を発見。

南湖南路近辺です。立ちんぼのように路に立っています。完全なフリーランスではなく、一応置屋所属のようです。

年齢層は高く、推定年齢40-50歳のおばさんがたくさん立っています。

一発50元。

レベルの低い売春婦がこちらに目線を送ってきます。

 

うひょおおおww

 

この時おっさんはどうかしていたのでしょう。

あまりにウルムチが糞すぎるので、どうとでもなれ!!と、なぜかこのババア置屋に突撃。

 

urumuchibabaaaokiyaまったくもってきったねー置屋です。

シーツは何年も洗っていないことでしょう。

 

いいだろう!!!勝負だ!!プロ根性でババアとセックス。

 

何歳?聞くと42歳となかなかの高年齢。

いつぞやの韓国の置屋推定60歳よりはましww

吐き気を催すババアの中国人を相手にゴム姦。

不思議ですねw。こんな底辺置屋、生が基本かと思いきや、ゴムですからね。

しかも当然フェラなし。東莞の置屋を思い出して泣きそうですorz

 

まだまだおっさんも修行が足りません。

結局ばばあ相手に立つものも立たず、中折れしてしまい、そのまま退散。

 

ウルムチ風俗は結局まともなものは発見できず、5日間の滞在のうち3日間はホテルでゴロゴロするというww

 

最終日にはやっと日本に帰ってこれると、待ち遠しかったのを覚えています。

 

本当にカシュガルウルムチなんてね、行く価値なしなんだよおおおおと声を大にして言いたいですわw

もう二度とこの地に行くことはないでしょう。

 

おわり

 

↓↓カシュガル、ウルムチはこれにて終了、マジで行く価値なしだからね。↓↓

skore

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 26 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. いつも、楽しませてもらってます。これからも頑張ってくださいね。

  2. 単なるお得感での勢い突入ですか?
    王者らしくありませんよ。

    さて、トルコ辺りには行かないのでしょうか?
    来月トルコ旅行になりそうです。

    • 勢いで行きましたね。
      あれは本当にどうかしていました。

      トルコですが、行ったことないですね。
      風俗情報もあまり入ってこないところを見ると、遊ぶのはなかなか難しそうですね。

  3. おっさん殿いつも楽しく拝見しています!(^-^)

    今回の旅はエロくない旅ですがメッチャ面白いですね‼

    何度も笑いで吹き出しそうになりました‼(^^)

    これからも頑張って下さい。

    それと、今のウドンタニどーですか?まだ壊滅状態でしょうか?
    ビエンチャンのティハウもダメですかね?

    • ウルムチ、カシュガルはエロくなかったですね。
      ばばあばっかりで、散々な旅でした。かなしいww

      ウドンタニはもう終わっています。ビエンチャンは進化していました。
      新しいお店とかも出てきています。
      ティハウは中国人がいなくなってましたね。きれいなお姉さんラオス人が多くなっていました。

  4. 2009年にウルムチにいったときは
    まだウイグル色が残ってましたけど、暴動以降
    文化破壊されちゃいましたね。
    ウイグル人はシナ人と比べるから親切にみえるけれど、
    世界標準では気が荒い人種でしょうね。

    • 世界標準では気が荒い人・・・ですよね。
      けっこう怒ったりしてました。
      なんだか擦れている感じで、よほど中国人にストレスがたまっていると感じました。
      おっさん日本人なのに・・。って感じでした

  5. マンコスキー博士

    おっさん様、はじめまして。
    blog大変面白いです。
    私は中華娘が大好物で、四川、雲南、香港、台湾等々食べ歩きしています。
    今度の夏には新疆に進出してウイグル娘を食べ散らかそうと思ってた矢先におっさん様のblogを見つけ、若干ウルムチカシュガルどうしようかなぁ…と思い悩んでいるところです。
    それはさておき、今後も更新楽しみにしています。
    頑張って下さい!

    • ウルムチカシュガルはずばり。。。行かないほうがいいでしょう!!
      おそらくしょぼいかと思います。
      ウイグル娘もきれいですが、置屋などにいる娘の数は少ないですし。

      • マンコスキー博士

        えっ!?
        キルギスも壊滅したんですか!?
        俺が目をつけてた所が次々と…
        行く前におっさんのblogを見ておいて良かったです…。
        河口もキナ臭い話聞きますし、いったいどこならピチピチ中華娘を思う存分食べられるんだ…。

        • らしいですよ。とはいえ完全崩壊ではないはず。
          おっさんは今年はやめておきますが、来年はチェックしようと思います。

          河口は復活していますよ。でも前もそうですが中国娘は河口では味わえません。
          たまにいますが、基本はベトナム娘です。

          中華を味わいたければ、遊び安いのは上海。それ以外のマイナーどころを責めるのもよいかと。
          おっさんの仲間はほうぼう歩いて探していますが、楽しそうなところがいっぱいいあるみたいですよ。

          • マンコスキー博士

            諦めきれずにウルムチ行き航空券手配しちゃいました。
            今月半ばから行ってきます!
            ossann様の記事を参考にしつつ、ひたすら歩きまわってみますね。

          • 新しい場所を発見してください。
            サウナなんかいいかもしれません。
            美女がいるかもw

          • マンコスキー博士

            新疆行ってきました。
            ウルムチに到着した後ホータンに移動し、トルファンに寄って着ました。
            ホータンはとびこんだ宿の周辺だけで5軒も置屋を見つけ、おそらく街の中にはたくさんあるのだと思います。
            ただ…、相手は漢族のおばちゃんばかり…。
            一発50元だったのですが、勃起を維持すらできないおばちゃん相手はわりと地獄でした。
            4件まわって全部おばちゃん…。
            ただ、無理やり対戦した後暗い店内を見回すと若い子もいるんです。
            その子と遊ばせろと頼んだんですが、そいつは駄目だと断られ、他の店で小姐はいないのかと尋ねても、みんな寝てるのいってんばり。
            どうなんでしょうね。一見様お断りなのか、外国人お断りなのかわかりませんが、収穫はお袋級のおばちゃんだけでした。
            トルファンはとてつもない暑さで勃起すらできませんでした。
            涼しいころにまたいつか再訪したいですが、今回は完敗です。
            でも、おっさんの記事はとても参考になりました。ありがとうございました。

          • お疲れ様でした。ついにウルムチですか。
            記事が少しはお役にたてたようで良かったです。
            ホータントルファンまで回られたということは、かなりたくさん動かれましたね。
            ホータン石を拾いに私も行きたかったのですが、行けませんでした。
            あんな所でも置屋はあるんですね。でもやはりババア置屋でしたか。
            あっちの方は基本ババアなんでしょうね。僻地まで若い子は来てくれないのかもしれません。
            トルファンも火の町?みたいな意味だったかと思いますが、暑さに完敗でしたか。
            本当にお疲れ様でした。

  6. おっさんゴムつきは普通ですよ。てかおっさんは性病の検査してるんですか?

    ゴム無しは自殺行為ですよ。

  7. こんにちは。中折れするのが普通でしょう。
    おっさんもマシンではなく人間だと安心しました。

  8. おっさん、次の夜遊びマップはどこですか?
    8月頃に3週間ほどアジア行けそうなので期待して待ってます!

  9. 思うんですが、、、地方の綺麗な子は出稼ぎに出てることが多いですね。
    ウィグルなんかでも四川やもっと遠くに行ってることが多いです。
    ってか、おばちゃんはきついですね。

    他の地方都市ならもっと若い子も居ると思うんですが、
    金額的には500以上が相場でしょうね。
    置屋は全国的に減ってる気がします。
    もう、中国の置屋には期待しない方が良いと、最近諦めてます。
    金額まで考えるなら、中国は今はキツいと思います。

コメントはこちらから!

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top