世界の風俗 アジアの置屋好きおっさんの夜遊び情報サイト

おっさん中国の秘境カシュガルに向かう。移動&ホテル予約編

おっさんです、こんにちわ。

2015年のタイカンボジアベトナム周遊旅行の続きを書こうかなと思いましたが、定番のお店を回って帰ってきただけなので、省くことにしました。

この旅行の2か月後にまた、ホーチミンへ遊びに行ったわけですが、色々と楽しいお店を回ってきました。

それもいずれ書こうと思います。

 

ですが、その前におっさんの記憶がなくなる前に、それ以前の旅行記を書いておこうと思います。

 

1年くらい前(2014年)に、カシュガル、ウルムチに行ったのですが、その時の旅行記をさら~~っと書いておくことにします。

 

 

突然ですが、四川にいます。

 

 

今回の旅行ではユナイテッド航空のマイルを使ってカシュガルとウルムチに行ってきました。

当時の飛行機の空き具合によって四川一泊を余儀なくされたおっさんは、成都の置屋をチェックすることもなく静かに凄し、翌朝のフライトに備えたのである。

カシュガルの美少女に一発かましてやるで~~と、美女の都「四川」をあえてスルーするという苦行に耐えたおっさんに何が待ち構えているか・・・この時はまだ何も知らなかった・・・・。

sisennobasu

成都のホテルから空港へ向かうおっさん。

いやー、カシュガルか・・・。

もうカシュガルって言ったら、キルギスそばですよ。ウイグル人が一杯で、おそらくキルギスそっくりなんだろうな~~なんてヘラヘラしておりました。

 

kashifromsisen

成都からカシュガルに向かう。

 

搭乗します。

てっきりウイグル系の人がいっぱいいるのかな?と思ってましたが、普通の中国人ばかりでしたね。

よほど中国化が激しいんでしょうね!!とすると、置屋もウイグル系美人から、中国美人、はたまたハーフなんかいちゃって天国だったりするのかな???ふひひwww

 

kashikumo

飛行機でカシュガルに向かいます。たいした情報も持たずカシュガルの風俗を探しに行くという・・・我ながら本当に馬鹿ですねw

 

kashiyama

2時間くらい飛行したでしょうか。山々が見えてきました。なんの山脈でしょうか。とにかく遠くまで来た感じがしますよw

 

kinaishokukashi

山々を見ていたら機内食が届けられました。強制的にハラルフードですw

全然おいしくありませんでしたね。キルギスもそうでしたが、ウルムチ、カシュガルなんかもイスラム教徒が多いのでハラルフードばかり目につきます。

やはり豚肉はあまり見ないです。こっそり売ってたりしますけどね。

 

arutaisabaku

 

タクラマカン砂漠に突入です。山脈にも砂漠がだいぶ侵食しています。

すごく雄大な景色です。

sabaku

それからはず~~っとタクラマカン砂漠です。砂漠のうねりが大きいせいで、地表すぐ近くを飛んでいるように見えてしまいますが、それなりの高度を飛んでおります。

目が錯覚するくらい砂漠が大きいと言うことです。

kyuunikirei

さらに2時間ほど飛行したところ、急に綺麗に区画整理したところが見えてきました。

これなんでしょうか??噂の核実験施設でしょうか?ここらでドカンっと核実験とかしてたら、おっさん死んじゃうww

 

sabakuowari

あほなことを言っていたら、飛行機は高度を下げました。

 

おお、間もなく到着です。砂漠の中に緑が見えます。

 

kashitatemono

着陸寸前。くおおおおお、これがカシュガル。イメージ通りの砂漠の国!!

建物が四角で、なんだかイスラム感がでてますね。

 

kashitouchakuカシュガル空港に到着。

もう時間は夜7時半!!!それでこの明るさ。

こんな僻地でも無理やり北京時間で表示するので、ものすごく違和感があります。

 

カシュガル空港からホテルに向かいます。

 

kashikuukoubasu

空港を出た駐車場に、市内の高級ホテルが出しているバンが止っていました(10元)

自分のホテルとは違いますが、近くまで行けば後は歩くか路線バスでホテルまでいけるので、とりあえず飛び乗りました。

 

kashichuusinnchi20分くらいで市内に到着。適当に降りて、路線バスにバス停まで歩きました。

2元のバスで西へ10分ほど走ると、おっさんの予約しているホテル付近に到着。

bluehotel

ホテルの名前は、『BLUE SKY SEAFOOD GRAND HOTEL』

それにしても、ブルースカイシーフードグランドホテルって・・・。青い空とシーフードにどんな関係があるんだ??

それを言うならBLUE SEAじゃねーの??と疑問に思いながらも予約しておりました。

中国のホテルって無理やり英語に直した名前で登録してたりするんで、実際に現地に行くと漢字の名前でどこに自分のホテルがあるか迷ったりしますよね。

 

今回もホテル探すのにちょっと時間かかるかな?と思ってましたが・・・・あっさり見つかりましたw

kashinoyado

「藍天海鮮大酒店」

 

ああ、間違いない、ここやww

たしかに訳せば『BLUE SKY SEAFOOD GRAND HOTEL』だわww何も間違っていませんよw

流石の中国、直接的な訳し方・・すばらしいww

 

 

笑いながらチェックインしようとすると・・・・

 

 

受付「あなたの予約は入っておりません」

おっさん「な、なにーーーっ!!」

おっさん「よく調べてくれ。ちゃんと予約したんだ!」

受付「予約は一度預かりましたが、うちのホテルは外国人は泊まれません」

受付「そのため、メールにてキャンセルの通知をしています」

おっさん「まじで?うそんww」

 

しまった。ここは一応中国。外人が泊まれないホテルがあるんだった。

でも、おっさんはそれを見越して外国人が予約する英語版のサイトで予約したのです。

同じホテル予約サイトでも中国人用の画面と外国人用の画面では出てくるホテルが異なり、ちゃんと外人も泊まれるホテルを予約したつもりでした。

 

しかし、無情にもホテル側からのキャンセルを食らってしまった。

こ、困った・・・orz

ここらへんで外人が泊まれるホテルを知らないか聞いてみるしかないか・・・と受付に聞こうとした瞬間。

受付「どれだけ滞在する予定なんですか?」

おっさん「このホテルには2泊か3泊する予定でしたよ・・ああ、困った。」

受付「・・・・わかりました。泊まっていいですよ!!

おっさん「え?まじで?」

 

っていうか外人とまれなんじゃないかーーい!!!

と言いそうになりましたが、これはチャンス。

素直に泊めてもらいましょう。

 

受付「パスポートコピーするから出してください」

おっさん「OK!!助かった・・・。」

おっさん「ちなみにいくらで泊まれるの?」

受付「一泊120元です。」

おっさん「日本からだと1410円で予約できたんだけど、ちょっと高いから安くしてくれ」

受付「朝食抜きなら100元でいいよ」

おっさん「OK!!それでいい!!」

 

とまあ、こんな感じでなぜか外人は泊まれないはずのホテルでしたが、チェックインができました。

 

いやーー。助かりました。

blueskyhotel

部屋も十分に綺麗です。ここがダメなら、バックパッカー宿のゲストハウスに行くところでしたが、そこでも50-60元はするそうなんで、それを思えばこれだけ綺麗で100元なら安いと言えるでしょう。

 

今日から数日ここに滞在し、カシュガルの風俗を探ってみたいと思います。

 

さて、どうなるか・・・。

 

↓↓もうそろそろ旅に出ます。!↓↓

skore

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 14 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. カシュガルとは面白いですね。
    個人的にChinese好きなんで更新楽しみにしてます。
    自分は香港しか経験無いので 刺激が強いブログで一気に全部読ませて頂きましたw

    • カシュガルは情報がなかったので、調べるのは難しかったです。
      そのうち記事が増えていきますのでご覧くださいね。

  2. おっさんさんはキルギスまで遠征されてるんですか?無茶苦茶行くのめんどいでしょう。。
    おんな遊びならモスクワでも大して値段変わらず楽によりどりみどりですよ!
    カフカス/タタール/東欧/中央アジア系/朝鮮系/コミ・モンゴロイド系なんでも沢山居ます。
    バンコク辺りにもいる黒人なんてランチセット料金並だし。
    上はほんとすんごい上玉が出てきます。
    個人営業もクラブ所属もいろいろで、最近は警察に職質所持品検査なんて殆ど無いし、飯は何料理でも食えるし、いいとこ尽くめだと思うんですが。。

    • 行くのが大変ですが、安いのでキルギス行ってます。
      モスクワだとおいくらなんでしょうか?
      キルギス並みなら、モスクワだろうが、どこでも飛んでいきますよ。
      最近は飛行機代金が安いですからね。

  3. おっさん様、はじめまして。

    海外文化が好きで何度か旅に出ていますが小心者ゆえに未だに風俗は未体験なかづきと申します。

    なにかきっかけというか一度いけば踏ん切りもつくのでしょうが…。

    お身体に気を付けて、今後も面白いブログをよろしくお願い致します。

    • 海外風俗はハマルと怖いです。私のように頻繁に出るようになります。
      まずは国内風俗でテストしてから海外においでください。
      いきなり国際戦はヘビーですからw
      今後ともブログ楽しみにしていてください。

      • さっそくのコメント返しありがとうございます。

        正直国内のは興味が一切沸かないです。

        今年の夏にタイともう1カ国の旅行を考えていますが
        カンボジアとミャンマーではどちらがお勧めでしょうか?

        • なるほど、褐色オンリーという事ですね。
          となると・・・やはりミャンマーですね。
          ミャンマーの子は性格がいいのでお勧めできます。

  4. 私は肌が黒い女性しか興味がないので、日本人にほとんど興味がありません。
    黒ギャルAVが大好きです。
    いつかossannさんのガイドを買ってジャカルタの褐色娘で童貞を卒業したいです。

  5. こいつかなり調子こいてるというかなめてるよね。

    http://daily-news.jp/2015/05/13/act-of-obscenity/

    • ここまで自由に生きている人もそうそういませんね。
      円光親父をバカにしたような生き方ですね。
      大物ですわw

  6. 中野助平です。ossannの情報は全部オリジナルと聞いてましたが
    どこからカシュガルの情報を得てそこまで行ったのでしょうか

    オリジナルというぐらいですから他サイトをを引用したとかはありませんよね

    • 何を言っているのかよくわかりません。
      カシュガルの情報を得たのはニュースと地球の遊び方の投稿を見たと書いた通りですよ。

コメントはこちらから!

*
DigiPress

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top